飲んだときの味方「運転代行」 料金どう決まる? 各地の「相場」は

クルマでの外出先でお酒を飲んだ場合などに、そのクルマを家まで運転してくれる「運転代行」の料金は、地域ごと、業者ごとに大きな差があります。同業者の協会も「一律に定められない」という背景には、何があるのでしょうか。

地域によっては初乗りで2000円以上の差も

 クルマでの外出先でお酒を飲んだ場合などに、そのクルマを家まで運転してくれるサービス「運転代行」。公益社団法人の全国運転代行協会(東京都中央区)によると、交通手段の主体がクルマである地方都市を中心に発達したものだそうです。

170221 untendaiko 01
運転代行では、代行ドライバーが運転する顧客のクルマを、「随伴車」が追いかけることが多い。写真はイメージ(写真:photolibrary)。

 運転代行は通常、ドライバーが2人1組になって行動し、ひとりが利用客のクルマを、もうひとりが「随伴車」と呼ばれる代行ドライバーを送迎するためのクルマを運転して、顧客を目的地まで送り届けます。その際、利用客は代行ドライバーが運転する自分のクルマに乗ります。

 料金は多くの場合、タクシーと同様に初乗り料金と、距離に応じた加算料金とを基本として計算されますが、その金額や距離設定は業者によってまちまちです。タクシーでは地域のタクシー協会などが統一的な料金を定めていますが、全国運転代行協会によると、運転代行の場合は各業者が独自に料金を設定しているといいます。

 運転代行業者の料金比較に基づき、各都道府県ごとの相場を掲載しているウェブサイト「運転代行検索DRIVERS.navi」によると、各地の主要都市における相場は以下のとおりです(2017年2月現在)。

・北海道:初乗り1228円、5kmまで2400円、10kmまで3867円
・宮城県:初乗り1717円、5kmまで2367円、10kmまで3367円
・東京都:初乗り3058円、5kmまで4185円、10kmまで5952円
・愛知県:初乗り2400円、5kmまで3233円、10kmまで4900円
・大阪府:初乗り2617円、5kmまで2917円、10kmまで4600円
・広島県:初乗り2133円、5kmまで2367円、10kmまで3550円
・福岡県:初乗り2300円、5kmまで2750円、10kmまで3750円
・沖縄県:初乗り875円、5kmまで1050円、10kmまで2050円

 これによると、たとえば東京都と沖縄県とでは、10kmまでの料金に4000円近い差があります。なぜここまで大きく差がついているのでしょうか。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. もともとタクシー業界は、ヤクザが利用し、ヤクザが経営する。そういう業態。
    代行業はその名残り。
    当然地域色は根強い。
    よって、全国統一は愚問。むしろ、100万都市部だけ特区とした方が話が早い。