ETC2.0、試して分かった問題点 専門家は同情

国交省が進める「ITS(高度道路交通システム)」において、通信システムの核になる「ETC2.0」。実際にそれを試したところ、様々な懸念が浮かび上がってきました。その将来、はたしてどうなるのでしょうか。

圏央道が2割引になる「ETC2.0」

 2016年4月から首都圏の高速道路に新料金制度が導入され、同時に「ETC2.0搭載車」に限り、圏央道の通行料2割引きが適用されることになりました。

 国交省は、20年前から進めている「ITS(高度道路交通システム)」において、「ETC2.0」を新たな核となる通信システムと考えており、その効用や今後の発展性をPRしています。

 私(首都高研究家:清水草一)は以前から「ETC2.0」に懐疑的でしたが、自ら試してみないことにははっきりしたことは言えませんから、2月末に納車された新たな自家用車に、「ETC2.0」とそれに対応したカーナビを取り付けてみました。

インターネット接続ができるSAなどに設置された「ITSスポット」(2016年4月、清水草一撮影)。

 使い始めてまだ1カ月余りではありますが、結果は予想通りでした。

「ETC2.0」の機能のひとつとして、高速道路のSAや道のに設置された「ITSスポット」でのインターネット接続があります。所定の駐車スペースにクルマを止めると、「ETC2.0」を通じて地域観光情報の提供が可能になるとうたわれています。

 東名高速の足柄SA上り(静岡県御殿場市)で実際に接続してみたところ、それは残念を通り越す代物でした。接続された「ITSスポットポータルサイト」には、いかにもお役所が作ったという雰囲気の使い勝手の悪いサイトが並んでいました。一部に外部サイトもありますが、ポータルサイトにあるサイト以外へは接続できないため、得られる情報は極めて限定的。スマホを使えば、はるかに手軽にこの数千倍の情報を得られます。

 だいたい、SAの所定の位置(広大な足柄SAにたった2台分)に停車しないと情報を得られないなど、いまどきあり得ない不便さです。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

17件のコメント

  1. 無駄。その一言のみ。

  2. 民間企業の企業間競争が皆無に等しく、環境の変化も無視して当初計画案を着々と無期限のように進めているダケなのでは?
    スマホ対応が出てくれば、それを研究して開発速度を上げたり内容を見直したり・・・
    結局は技術開発者と言うよりも、有識者と呼ばれるメンバーがメインとなって頭でっかちに計画を推し進めている事が最大原因なのではないだろうか?
    自治体と始めとして何でも「有識者の検討に基づき・・・」ってのが多いが、勝手に自論を押し付けているダケだろ?としか思えない事例を多々目にして、呆れると言うか諦めていると言うか・・・

  3. 官公庁の仕事の強みは強制力と採算度外視であって、このケースではたまたま民間のサービスが参入したために進化速度に追い付かなくなっているだけで、その点は正直同情します。
    まあ、現状を見れば無駄だとは思うけど、それは正直結果論かな、とも。何がはやるかはやらないかなんか、正直誰にもわからないわけで、たまたま企業が参入してきた分野と官公庁の事業がバッティングしてしまったのは国交省にとって「運がなかった」の一言と、私は思います。

  4. 冬雪が降る地域に住んでいます。
    ETC2.0に変えたばかりですけど、自分の住んでいる県では、雪山の方に向かう高速に乗ると、現在の雪の状況です。と路上写真をナビに掲載してくれました。
    雪上を走るドライバーには、事前にわかってすごく気が楽になりました。
    ETC2..0の機能を使いこなしていない。だから無駄なの??
    なんか違うような…無駄じゃなく、使いこないしていないと言うべきでは?

  5. シグマプロジェクト(コンピュータ)と同じ匂いがする。
    コンピュータはこれ以上進化しない。と言う前提条件でシステムを作ったんだろうな。

  6. ホントに使ってます?
    前方の工事情報なんかが詳しく出てきて便利なんですけど?
    スマホ、スマホとしきりに行ってますけど、
    スマホやタブレットをいじりながら運転なんて、とても危険ですよね?
    残念を通り越したITSスポットの画像もないし、
    ご自身のオリジナル画像は駐車中の自家用車だけ。
    わざわざリアドアを開けての撮影は、ETC2.0車載機未搭載なのが見えないようにじゃないの?
    と、勘ぐってしまいます。

  7. 配線が必要なのは日本のETCだけ
    減速が必要なのは日本のETCだけ
    一万円以上もする車載器を買わなければならないのは日本のETCだけ

  8. 現状のスマホナビは使い易いとは到底言えず、交通状報の為だけにわざわざスマホを準備する手間を考えれば決して無駄とは思わない。

  9. 高速道路上でvicsより精度の高い工事による車線規制情報を拾えるだけでも個人的には付けた価値が有ったと思う
    (例:何処から何処まで何方の車線が封鎖されてるか&封鎖開始まで1km単位でのカウントダウン機能)

  10. バイクにも2.0ってあるけど
    ナビも案内も出来ないよね

    圏央道の割り引き以外全くメリット無いし、2.0を買うコストを割り引きでペイ出来るのはいつになるんだろね?

  11. 大金掛けて研究したISDNがADSLで一瞬にしてゴミと化したように、役所系が技術開発すると時代についていけなくなる。

  12. 渋滞緩和を本気でさせたいのであればETCを無料配布するべきだろう。

  13. googlemapは、渋滞情報が的確で使いやすいけど一人で運転する場合も多いのに、スマホスマホいわれてもなあ。運転中にスマホいじれってこと?

    ちなみに、ETC2.0で五分後ぐらいに通過するJCTの起こりたての事故(2~3分前)消防も警察もまだ来てない状況で、4t車横転、手前から減速して左路肩ギリギリで通過できました(当方大型トラック)

    知らなかったら突っ込んでたかも知れないから、この記事はどうかな?と思いコメントしてみましたw

  14. >ところで「ETC2.0」は、搭載車がいつどこを時速何キロで通過したかを、「ITSスポット」を通じて送信します

    送信されて何かまずい事でもあるんですか?

  15. 購入補助なければ取り付けなかった。

  16. 国交省の天下り先を潤すためにETCを作った。
    民間ならスマホをETCとして使えるように開発しただろう。
    結局既得権益のため。
    将来は絶望的。あきらめてスマホのアプリで対応できるようシステムを改めるべき。

  17. ごめん!現金通行だけど浜名湖SAのなんじゃらスポットに置いちゃいましたよ!車椅子のマークじゃなかったし?最初はマイカーに付けようと迷ったけど実際峠を迂回する程度しか高速使わないもんで、三国を関越で通過したり大月から相模湖も談合坂に寄る目的程度かな、今無料バイパスがけっこうあって鳥取から下関なんて楽チンだったけど都心は必要でしょうね、