新「ジンベエジェット」11月ごろ就航へ ボーイング737-800型機を使用 JTA

JTAの「ジンベエジェット」が、機材更新にともない2017年11月からボーイング737-800型機で新たに就航します。

「初代」は2012年12月就航

 沖縄美(ちゅ)ら海水族館(沖縄県本部町)と日本トランスオーシャン航空(JTA)は2017年3月9日(木)、新「ジンベエジェット」の就航を決定したと発表しました。

「ジンベエジェット」は沖縄美ら海水族館で一番人気というジンベエザメが機体デザインされています。JTA創立45周年と沖縄美ら海水族館開館10周年を記念して企画され、2012年12月に就航しました。2機目の「さくらジンベエ」とともに、那覇~宮古線や那覇~福岡線、石垣~羽田線などで運航されています。

 機材ボーイング737-400型機が使用されてきましたが、更新にともない両機とも2017年度中に退役します。

新「ジンベエジェット」のイメージ(画像:JTA)。

 ボーイング737-800型機(165席)を使用した新「ジンベエジェット」は11月ごろに、「さくらジンベエ」は2018年1月ごろにそれぞれ就航する予定です。機内デザインのリニューアルや機内Wi-Fiサービスを使った特別コンテンツの配信などが検討されており、詳細は追って告知されます。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. JALもANAもケチくさいこと言わず、ジンベイとウミガメの揃い踏みを実現して欲しい。