クレーンで吊り上げられ上陸? 入島時からアトラクションな、とある島の交通事情

沖縄県のある島々では、人がゴンドラに入り、クレーンで吊り上げられて船から港へ上陸するというワイルドな方法が採られています。日本でここだけという方法は、なぜ生まれたのでしょうか。

断崖絶壁に囲まれた島に「上陸」するには

 沖縄県のある島々では、大きな箱のような搬器(ゴンドラ)に人を乗せ、その搬器ごとクレーンで吊り上げてフェリー甲板と港とのあいだを運ぶという、なんともワイルドな上陸あるいは乗船が行われています。

170315 daitojima 01
南大東島におけるフェリーからの「クレーン上陸」。天井のないゴンドラはおもに晴天時に使われる(画像:南大東村観光協会)。

 そこは沖縄本島から約350km東に海を隔てた南大東島(沖縄県南大東村)、そしてそこから約10km北に浮かぶ北大東島(同・北大東村)です。

 沖縄本島と両島を結ぶフェリーを運航する大東海運(同・那覇市)の担当者も、「日本でも両島だけ」というこの上陸/乗船方法は、なぜ生まれたのでしょうか。大東海運に聞きました。

――船からクレーンで上陸というのは、具体的にどうやっているのですか。

 岸壁から5mくらいの海上に船を係留し、港のクレーンを操作して、人が乗るゴンドラを運びます。ゴンドラには天井のないタイプと、天井がついたタイプの2種類があります。まず旅客を下ろしたのち、手荷物や郵便、コンテナ、車両などを、すべてクレーンで吊り上げて荷役します。

――なぜそのようなことをしているのですか?

 南北両島とも断崖絶壁に囲まれ、フェリーが接岸できる船着き場がないためです。各島にみっつずつある港すべてで同様です。かつては人が海に飛び込み、船まではしけ(小舟)を渡していましたが、危険なためクレーンで荷役するようになりました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. このような大型クレーンは、どのように陸揚げしたのでしょうか?
    なんにもない最初のときです、一度陸揚げすれば順次大きなものは可能です。