痴漢冤罪防止アプリ、なぜできた? 電車で怖い思いをするのは女性だけじゃない

【画像】「痴漢冤罪防止ナビ」の内容

Large 170317 chikanenzai 02
痴漢に間違われた際の対処法を、順を追ってナビゲートする(画像:DOJASS BROTHERS)。

この画像の記事を読む

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 冤罪防止に男性専用車両を!

  2. 男性専用車両作らない理由がしりたい

    女性専用車両は痴漢被害に遭わないためにあるんだから 冤罪になる可能性ある男性のためにも必要でしょ!!

    カメラも設置すればいいし

    便乗値上げした分儲け出てるはずだからやれよと思う

    • 男性専用を導入できない、または導入できない理由が女性専用をも導入できない理由なんだが見切り発車をしたわけよ、まあ突っ込めば女性トイレとか更衣室なんて言いそうだがね、公共交通は移動手段でトイレじゃないし銭湯でもないわけだから、仮にそうだとしても女性だけの更衣室なんて変だし、男性は野っ原で着替えろとでも?だいたいがこういう風潮が災害避難の格差にも直結するんだろうね、女性は紙を洗いたいから入浴優先とか東日本震災の首都圏の帰宅困難受け入れでもあったらしいからね、多数は犯罪は男と言う度頭がどれだけ冤罪を生んだか?息子は詐欺?こんなのパトカーに貼り出して車内の法の番人が通報で駆け付けた現場は冤罪の聖地だろうね、だから以前に人を殺した女を時効間際に懸賞金かけなきゃ逮捕できなかったのはこの辺りの現実なんだよ、そもそも大半男性は痴漢ではないと言う捜査や検分をしないから?この人痴漢です!が痴漢になっちゃうわけ、そろそろオリンピックが視野に入って公式と言う言葉が視野にはいれば公共交通の女性専用などと日本語ですら訳せない日本語は外国語にも訳せないから最悪は期間中だけでも女性専用中止か?あれほどイメージダウンで拒絶したカメラ設置に踏み切るだろうね、専用車両導入もカメラ設置の経緯も結局は何らかの圧力ってことだね、女性専用なら以外の車両に男女が混合して乗る問題だって放置できないのに実質は野放し状態、