マツダ「ユーノス・ロードスター」 不遇のアウトサイダーが自動車文化の担い手へ

生まれは「リバーサイドホテル」

 日本でも1980年代の後半は、高性能スポーツカーの時代。「ユーノス・ロードスター」と同時期にデビューしたのは、当時の自主規制値いっぱいの280馬力を謳う日産「スカイラインGT-R」やホンダの「NSX」でした。そういう時代の空気もあって、「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」は、ほとんど絶滅状態だったのです。

 つまり、忙しくて手が足りないときに、売れそうもないクルマに開発のリソースは回せないというのが、当時のマツダの状況。開発初期「ユーノス・ロードスター」は、社内ではアウトサイダー的な存在だったのです。

 そのため、「ユーノス・ロードスター」の開発初期は人もお金もなくて苦労したといいます。開発チームの居場所もなく、しかたなくて車庫をオフィスに。川沿いだったので開発メンバーは苦笑交じりで「リバーサイドホテル」と呼んでいました。

 しかし、そんな逆境を乗り越えて「ユーノス・ロードスター」は1989年に誕生します。開発陣の熱意のたまものでしょう。その熱意のおかげで、「ユーノス・ロードスター」は素晴らしいクルマとなりました。

 1960年代の名車であるロータス「エラン」を彷彿とさせる、可愛らしいデザイン。それでいて200万円前後という若者も手が届く価格。そして、「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」らしく、あまり速くないけれど、走らせると抜群に楽しかったのです。予約するために徹夜でディーラーにお客が並ぶほどの大ヒットとなりました。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

マツダ ロードスターの中古車情報

U00027428319 001l

排気量
1490cc~2000cc
価格帯
12.0万円~354.0万円

中古車情報を見る

ロータス エランの中古車情報

U00024840713 002l

排気量
1550cc~1600cc
価格帯
279.0万円~626.4万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170808 roadster 03
  • Thumbnail 170808 roadster 01
  • Thumbnail 170808 roadster 02

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. これが普通のクーペだったら、

    • 書きかけかよ