建設中の北海道横断道を歩いて見学 道内高速道路初のインフラツアー開催

NEXCO東日本北海道支社が、現在建設中の北海道横断道を歩いて見学できる日帰り旅行商品を販売。地元企業である北海道ツアーズとの連携企画です。

完成前の高速道路をウォーキング

 NEXCO東日本北海道支社は2017年9月30日(土)、北海道ツアーズと連携し、道内の高速道路では初となるインフラツーリズムを実施します。

 添乗員が同行する日帰りバスツアー企画。2018年度の開通に向けて建設中の北海道横断道(余市~小樽間)の工事現場を公開し、開通により好アクセスとなる後志(しりべし)エリアの魅力を発信することを目的に実施されるものです。

 当日は札幌駅に集合後、同自動車道や新光トンネル、小樽JCTの工事現場を徒歩で見学。朝里川橋の上では、ドローンによる記念撮影が行われます。見学後は、小樽のご当地グルメ「あんかけ焼きそば」を昼食に、季節のフルーツ狩り、ワイナリーでの工場見学やワインの試飲などが予定されています。

170817 nexcoeinfratour 01
ドローンで記念撮影が行われる朝里川橋(画像:NEXCO東日本)。

 旅行代金は大人・子供同額の7980円(税込)。募集人数は先着40人で、最少催行人数は25人です。9月20日(水)まで、北海道ツアーズのウェブサイトで申し込みを受け付けています。

 NEXCO東日本北海道支社は「高速道路を歩けるめったにないチャンスです。この機会にふるってご参加ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント