日本最長約30kmの「私道」! 行き交うクルマも規格外、なぜできた?(画像8枚)

30km以上にもおよぶ日本最長の「私道」が山口県にあります。なぜそのようなものをつくったのでしょうか。所有する宇部興産に話を聞きました。

石灰石鉱山と臨海部を結ぶ「私道」

「私道」というと、住宅と住宅のあいだにあるような、ごく短い生活道路を想像するかもしれませんが、日本には長さが30km以上にも及ぶ私道が山口県に存在します。

「日本一長い私道」を走る米ケンワース社製のダブルストレーラー。全長約30m、積載状態の総重量は117t、タイヤの数は34本(画像:宇部興産)。

 おそらく、日本最長の私道でしょう。所有する宇部興産に話を聞きました。

――私道が30キロもあると聞きました。やっぱり日本一でしょうか?

 当社の専用道路で、長さ約1kmの「興産大橋」を含み総延長は31.94kmになります。いち企業が所有し専用で使用している道路としては、長きにわたりどこからも指摘されていないことから、日本でいちばん長いと考えます。

――どうしてそのような道路をつくったのですか?

 当社は120年前に山口県宇部市の炭鉱組合からスタートし、現在は化学製品、セメント、機械などを製造しているメーカーです。専用道路はこのうちセメント事業の設備で、美祢市の石灰石鉱山に隣接する伊佐セメント工場で加工したセメントの中間製品「クリンカー」などを、臨海部の宇部セメント工場に運ぶための道路です。1968(昭和43)年から14年の歳月をかけて開通させました。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 今は走っていないと思いますが、その昔知人が興産道路で”トリプルトレーラー”を運転していました。
    (ダブルストレーラーの後ろに、同型のがもう1つ牽引されている。仮にダブルスが80tなら単純計算でトリプルは120tという事でしょうか。写真、実家にあったかなぁ~?)
    走っていないと思うというのは、私が知る限りでは件のトリプルトレーラーを運転できる人がいなくなったと聞いています。
    知人から聞いた話しでは「バックが難しい。2両目までは人でコントロールするが、最後の3両目はCPUが操作する。それを予測してハンドルを切っていかないと、とんでもないところに突っ込んでしまう。」との事でした。
    今は私的な理由により引退されているようですが、現役時にもっと話を聞いておけば良かったなぁと思っています。

    • 貴重なお話ありがとうございます。

  2. 先月、宇部興産の設備機械の改造の仕事で2週間ほど行っていました。毎日専用トラックをみ見てたので懐かしいです。さすがトリプルは見かけませんでした。でも目の前で見るとでかいですよ。

  3. 知らなかったこんな道路が日本にあったなんて