『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ラッピングバス、千葉県旭市に登場

千葉県旭市が2017年8月18日から、アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のラッピングバスを運行しています。

千葉県旭市と千葉交通がタッグ

 千葉県旭市は2017年8月18日(金)から、アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のラッピングを施したバスの運行を開始しました。

 同作品の原作となるテレビドラマ(1993年放送)のロケ地が旭市だったことがきっかけ。千葉交通(千葉県成田市)が運行する高速バス(浜松町・東京~銚子線)に全面ラッピングを行い、映画と旭市をPRします。運行期間は2018年2月17日(土)までの6か月間です。

170816 wrap 01
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ラッピングバスのイメージ(画像:千葉県旭市)。

 また同映画作品のタイアップ企画として、「『もしもに出会う』スタンプラリー」が8月18日(金)から9月30日(土)まで同時開催。旭市内の「飯岡刑部岬展望館~光と風~」と「道の駅季楽里あさひ」の2か所にスタンプが設置されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント