オープン2シーター「GT/GT C ロードスター」を完全受注生産で発売 メルセデス(写真16枚)

メルセデス・ベンツ日本はオープン2シータースポーツモデル「メルセデスAMG GT ロードスター」および「メルセデスAMG GT C ロードスター」を2017年8月25日に発売しました。完全受注生産です。

フロントグリルは往年のレーシングカーをイメージ

 メルセデス・ベンツ日本は2017年8月25日(金)、「メルセデスAMG GT ロードスター(以下、GT ロードスター)」および「メルセデスAMG GT C ロードスター(以下、GT Cロードスター)」を発表、同日より発売を開始しました。「メルセデスAMG GT」をベースに、完全自動開閉の「アコースティックソフトトップ」を備えたオープントップモデルのスポーツカーです。

170825 amggtroadstar 01
「メルセデスAMG GT C ロードスター」のイメージ(画像:メルセデス・ベンツ日本)。

●メルセデス「GT/GT C ロードスター」のポイント
・AMG4.0L V8直噴ツインターボエンジン搭載。徹底した軽量化、ドライサンプ潤滑システムによる低重心化、2基のターボチャージャーをV8エンジンのVバンク内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトによるコンパクト化と吸排気経路の最適化などが図られている。「GT C ロードスター」モデルは557馬力を発揮。
・フロントの「AMGパナメリカーナグリル」は、1952(昭和27)年に開催された「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝を飾った「300 SL」レーシングカーをイメージ。
・レーダーセンサーにより先行車を認識して、設定速度の範囲内で車間距離を適切に維持して追従するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディスタンスパイロット・ディストロニック」を標準装備。
・「アコースティックソフトトップ」は、走行中でも50km/hまで開閉可能で、開閉動作は全自動、所要時間は約11秒。開放時にはソフトトップがシートの後ろに折りたたまれる省スペース設計を採用。
・ステアリングは「GT ロードスター」が左/右、「GT C ロードスター」は左のみ。
・トランスミッションはドライブシーンごとに切り替えられる4つのシフトモードを備えたATのみ。「GT C ロードスター」は加えて、サーキット走行のための「RACE モード」を搭載。
・寒冷時でも快適なオープントップドライブのため、温風で首元を温める「エアスカーフ」を装備。
・価格は1834万円(税込)より。

 なお「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」とは、1950(昭和25)年から1954(昭和29)年にかけ、メキシコで行われていた、公道を使った自動車レースのことです。隣国アメリカのメーカーはもちろん、メルセデスやポルシェはじめヨーロッパのメーカーも数多く参戦しました。

【了】

この記事の画像をもっと見る(16枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 02
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 03
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 04
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 05
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 06
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 07
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 08
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 09
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 10
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 12
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 11
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 13
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 14
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 15
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 16
  • Thumbnail 170825 amggtroadstar 01

関連記事

最新記事

コメント