「ツインターボ」を聞かなくなったワケ 時代と共に変化し続ける「ターボ」という技術

かつてクルマの売り文句のひとつであった「ツインターボ」、最近ではめっきり聞かなくなりました。しかし「ターボ」という技術そのものは進化を続け、いまも大いに採用されています。

めっきり聞かなくなったクルマの「ツインターボ」

 かつて、高性能なクルマの売り文句のひとつに「ツインターボ」というものがありました。エンジンに空気をよりたくさん送り込むターボがふたつ(ツイン)あることから、「ツインターボ」と呼ばれ、強力なエンジン馬力を生み出していたのです。

 ところが、最近はすっかりその名を聞くことが少なくなりました。理由のひとつは高性能スポーツカーの減少でしょう。

2016年7月発売の日産「GT-R」2017年モデル(画像:日産自動車)。

 実は、いまでも日産「GT-R」やホンダ「NSX」、BMW「M4」などの高性能スポーツカーには、「ツインターボ」のエンジンが搭載されています。しかし、いまの日本においてスポーツカーは、すっかり少数派。街を見渡せば、省燃費をうたうエコカーばかりというのが実際です。そうした世の中で「ツインターボ」を使ってハイパワーを絞り出すクルマの話を耳にするのは少なくなってしまったというのが、最大の理由でしょう。

 技術の進化も「ツインターボ」を耳にしなくなった理由のひとつです。かつては、手っ取り早くパワーを絞り出すには、ふたつのターボを使うという手法が大いに流行りました。しかし、最近ではひとつのターボでも空気の流し方を工夫することで、まるでふたつのターボを使ったように、低回転域でも高回転域でもパワーを出す方法が確立されました。それが「ツインスクロールターボ」です。スバル「WRX STI」やBMW「M2」などの高性能スポーツカーに採用されています。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

17件のコメント

  1. ディーゼルのターボは排ガスクリーンにも一役ですが、それでも最近の末端の規制には特に大排気量で高出力なエンジンには加えて尿素にDPRの後処理を必要としますが、何か規制に適合させるべく使われる装置の製造や廃棄に伴うリスクや車本体の価格の上昇を考えれば負担と言う意味で新たな問題もあると思いますね、ガソリンエンジンも小排気量でターボの流れになってきてますが、やはりインタークーラーに配管であったりターボ本体の加重を考えるとNAエンジンも捨てがたい存在のように思います。

  2. 過給ダウンサイジングって、欧州で話題になるずっと前から日本でやってましたよ?
    ターボが付いた軽自動車、これがまさしく普通車に対する過給ダウンサイジングですよ

    • まーね、軽のターボは登録車を脅かす存在だったかも、当初は550でDAIHATSUミラなんて3気筒でNAでも熟成期だったけど、やはり冷却問題を解決したからこその軽ターボじゃなかったかね、スバルや三菱ミニカなんて2気筒ターボだったかもしれないよ?

    • この場合の「ダウンサイズ」とは、燃費の向上のため排気量の「サイズ」を「ダウン」して小排気量エンジンに換装し、かつ動的性能の維持のために過給機をつけるという意味なので、550ccの過給器付エンジンの存在がそのまま「過給ダウンサイジング」ではないでしょう。

    • ぷりずむさん鋭いですね、もはや14トンを超すバスですら排気量5700ccですからね勿論、過給されてますが、これら言わゆる2トントラックの昔の高馬力の種の流用で時代は変わったものです、如何に実用域で最大トルクを使いこなすかでしょうね、

    • 同意したくなるけど、車体もダウンサイジングしてるのは
      ダウンサイジングターボとは呼びにくいですね。
      同車格で小排気量で遜色ない性能の車を指していると考えたい。

    • それでもよいと思いますよ、

    • なるほど、ということはたとえば2000から1500にダウンしても車体サイズは変わらないのが普通だと?本当に?

    • ダウンサイジングターボと言われる車種は大抵そうではないでしょうか。
      同じシリーズ(車格や搭載量大差なし)に小排気量ターボを積むものをこう呼んでいるようにみえます。
      全部は調べきれませんが。
      先行する大排気量NA車なしで、ダウンサイジングターボと呼ばれるものがあるでしょうか?
      軽自動車の場合はもともと排気量に制限がかかっていたので、ダウンサイジングしようがなかったと思います。660時代以降に550や360ターボ搭載軽自動車とか登場したらそれはダウンサイジングターボなのでしょうが。

      http://www.tdk.co.jp/techmag/knowledge/200905/index.htm

  3. ターボは一度乗りましたが相性は悪くないが自分はやっぱりNAのが扱いやすいですね。

  4. 先に笑わないでね?ターボって日本語だと?過給機?でも零戦の部品として戦時中に英語禁句で別の呼び名が速風機?送圧機?なんか?ありませんでしたっけか?アタシ因みにターボ全盛期に頂いた記念品のドライヤーの強弱の強がターボになってるんですよ、まあ少し形もTURBOですが、西部警察のマシンXが欲しくてね、やっと上玉探した時にゃドラマ設定で遠隔操作で爆破炎上の殉職ですわ、結局は430グロリアのL28のボロセコ買って、軽ーく新車のTURBOブロアムに先に行かれた思いでありますよ、

  5. あまりにも基本的すぎる質問でごめんなさい。車のターボって機械式ですか?排気タービンですか?潜水艦は(シュノーケルの関係だから?)2種搭載したツインターボだと本に書いてあったような気が。

    • クルマ趣味的には、機械式を「スーパーチャージャー」・排気式を「ターボチャージャー」と呼びわけています。

    • ありがと

  6. 乗りたくはなかったけど俺を病院に搬送してくれた救急車はハイエースにセルシオのエンジンを強引に乗せたやつだった。これを境に車はサイズは維持されながらもエンジンは大きくてもV6の3000とかに代わってきた、今でも触媒が無かった頃の有鉛ハイオク指定の当然NAエンジン小型車が懐かしい、

  7. ゴメン、「ツインターボ」というと、一世を風靡した逃げ馬を思い出した。

  8. ターボ車は直ぐにエンジンを切るとタービンが焼き付くんですよね?
    と言って呆れられた苦い想い出。

    俺のターボ車の知識は30年前で止まっている。