JAL 「エアライン満足度調査」で初の首位 どこが評価されたのか?

JALが「エアライン満足度調査2017」において、「総合満足度」「客室乗務員の接客サービス」「空港係員の接客サービス」で1位に。JALの総合首位は初で、日系航空会社の総合首位も10年ぶり。JALの何が評価されたのでしょうか。

「総合満足度」「客室乗務員の接客サービス」「空港係員の接客サービス」で1位

 日本航空(JAL)が、海外旅行情報サイト「エイビーロード」(リクルート)の「エアライン満足度調査2017」において、「総合満足度」と「客室乗務員の接客サービス」「空港係員の接客サービス」で1位に。2017年8月31日(木)、その受賞式が行われました。

170831 jal 01
「エイビーロード」の「エアライン満足度調査2017」で初の「総合満足度」1位になったJAL(2017年2月、恵 知仁撮影)。

 2007(平成19)年にこの調査が始まって以来、JALが「総合満足度」で1位を獲得するのは今回が初。また「航空機の機材、整備」「機内飲食」「エンタメ」も含め、すべての部門でJALは昨年より順位を上げています。また、この調査で日系の航空会社が総合首位になったのは、2007年以来10年ぶりとのこと。

 リクルートライフスタイルの沢登次彦さんは、今回のJALの評価に関する傾向について、次の3点を挙げます。

・フリーコメントなどに「信頼」「安心」というキーワードが多く出ており、そのような観点で評価された。
・JALはフリーWi-Fiやエンタメプログラムなど、ニーズへ先進的に応えた。
・JALは、正規料金で乗る人も多いなか、リピーターからの評価が5段階中の「5」。ロイヤルカスタマーからの評価を獲得している。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170831 jal 11
  • Thumbnail 170831 jal 01
  • Thumbnail 170831 jal 02
  • Thumbnail 170831 jal 03
  • Thumbnail 170831 jal 04

最新記事

コメント