気仙沼~仙台間で臨時の直通快速運転 3時間停車駅なし JR東日本

JR東日本仙台支社と盛岡支社が、2017年10月と11月の計8日間、気仙沼~仙台間で直通の臨時快速列車を運行します。

1日1往復、全車自由席

 JR東日本仙台支社と盛岡支社は2017年9月13日(水)、気仙沼~仙台間の利便性向上を目的に、直通の臨時快速列車を運行すると発表しました。概要は次のとおりです。

●運転日
・10月9日(月・祝)、10日(火)、17日(火)、18日(水)
・11月3日(金・祝)、4日(土)、10日(金)、11日(土)
●運転区間と時刻(1日1往復)
・気仙沼8時12分発→仙台11時10分着
・仙台18時09分発→気仙沼21時14分着(11月3日は仙台18時11分発に変更)
・経由:大船渡線、東北本線
●使用車両
・キハ58系ディーゼルカー「Kenji」(3両編成、定員130人)

170913 jrekesennumarapid 01
臨時快速列車に使用されるキハ58系ディーゼルカー「Kenji」のイメージ(画像:JR東日本)。

 気仙沼~仙台間では、途中駅での乗降はできません。列車は全車自由席です。普通乗車券や、有効な企画乗車券(10月の運転日であれば「秋の乗り放題パス」など)で利用できます。ちなみに気仙沼~仙台間の片道運賃は3020円です。

 JR東日本仙台支社と盛岡支社は「仙台エリアの観光やショッピング等にぜひご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 停車駅は少なくても止まっちゃうんじゃないの?

    • 単線行き違い等による運転停車?それとも車両自体の老朽化による故障?

  2. こっちもいよいよかな・・・。

    • 前身のアルカディア時代に一度火災事故起こしてますからねぇ(中間車1輌廃車)。それにいい加減エンジン部品も尽きかけてるでしょうし。あと数年で代替車なしで、ですかね。

  3. 途中停車駅なしでは利用価値なし。一時の思い付きでの企画列車は必要ない。毎日の生活に使える列車を、、、