自転車メンテナンスしてますか? 故障原因の7割 2人に1人はメンテなし

自転車協会が、スポーツバイクユーザーの意識調査の結果を発表。メンテナンス不足により故障トラブルを経験した人が、約7割にもおよぶことが分かったといいます。

2人に1人は、メンテナンスすらしていない

 一般社団法人自転車協会は2017年9月21日(木)、全国のスポーツバイクユーザーを対象に行った、点検や整備に関する意識調査の結果を発表しました。

170922 chari 01
街を走るスポーツバイクのイメージ(画像:写真AC)。

 今回対象となったのは、スポーツバイクを保有する全国の20歳から59歳の男女。回答は500人です。スポーツバイクとは、ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイク、小径車、折りたたみ車のこと。調査の結果で、以下のことが分かったといいます。

・メンテナンス不足による故障トラブル経験者は、約7割におよぶ。それにもかかわらず、ふたりにひとりはメンテナンスをほとんど、もしくはまったくしていない。

・ギアやチェーンの故障など、技術的な故障トラブルが原因でヒヤリ・ハットを感じた経験者はふたりにひとり。故障トラブルがある人はない人に比べて、ヒヤリ・ハット経験率は約2倍高い。

・ユーザーの8割は、メンテナンスの必要性を感じている。また、故障トラブル経験者の9割近くが、専門的な知識を持つ店員がいる店舗でのメンテナンスを希望している。

 自転車協会はメンテナンスの大切さを伝えるため、10月1日(日)から12月31日(日)まで、全国で「自転車も車検!キャンペーン」を実施します。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170922 chari 02
  • Thumbnail 170922 chari 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 自転車を使う人は自動車だけでなく公共交通機関すら使わない人が圧倒的に多数。
    つまり、自転車のみでの移動が圧倒的に多いからこういった事例が見られる。
    ロンドンやベルリンなんか日本の鉄道より運賃が高いから自転車通勤しないと生活が成り立たないから、自転車の信号無視も常態化してしまう。

    つまり、事故を減らすには自転車の規制も必要になるし、鉄道運賃の値下げも必要となる。
    都市部の大きい駅なら自動車より自転車の通行規制(違法駐輪の多い駅周辺に自転車が通ると課金するシステム)の方が公共交通機関に転換する確率が高い話もあるから。
    交通事故を減らすなら自動車だけでなく自転車の敷居も上げて、同時に鉄道やバス、フェリーの敷居を下げるのが最良の手段と言える。