新型「N-BOX」、発売1か月で5.2万台以上受注 ホンダ「好調な立ち上がり」

ホンダが、新型「N-BOX」の累計受注台数について、2017年9月1日の発売から約1か月間で5万2000台以上を記録したと発表。「好調な立ち上がり」としています。

9月1日発売

 ホンダは2017年10月5日(木)、軽乗用車の新型「N-BOX」について、10月4日(水)までの発売後約1か月間で、5万2000台を超える累計受注台数を記録したと発表しました。

 新型「N-BOX」は9月1日(金)に発売。月間販売計画台数は1万5000台であることから、ホンダは受注状況について「好調な立ち上がり」としており、「子育て中のファミリー層を中心に、シニア層まで、幅広いお客さまにご支持をいただいている」といいます。

171005 nbox 01
新型「N-BOX」「N-BOX Custom」のイメージ(画像:ホンダ)。

 受注の割合は、「N-BOX」が44%、「N-BOX Custom」が56%です。タイプ別、カラー別の受注割合は次のとおり。

●N-BOX
〈タイプ〉
・G・L Honda SENSING:50%
・G・EX Honda SENSING:21%
・G・Honda SENSING:17%
・G・L ターボ Honda SENSING:7%
・G・EX ターボ Honda SENSING:5%
〈カラー〉
・プレミアムホワイト・パールII:31%
・モーニングミストブルー・メタリック:17%
・クリスタルブラック・パール:14%
〈2トーンカラー〉
・プレミアムアイボリー・パール&ブラウン:52%
・プレミアムアガットブラウン・パール&ホワイト:20%
・プレミアムイエロー・パールII&ホワイト:16%

●N-BOX Custom
〈タイプ〉
・G・L Honda SENSING:37%
・G・L ターボ Honda SENSING:32%
・G・EX ターボ Honda SENSING:18%
・G・EX Honda SENSING:13%
〈カラー〉
・プレミアムホワイト・パールII:39%
・クリスタルブラック・パール:28%
・プレミアムベルベットパープル・パール:9%
〈2トーンカラー〉
・プレミアムホワイト・パールII&ブラック:59%
・ミラノレッド&ブラック:22%
・ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ブラック:9%

 なお、全国軽自動車協会連合会が10月5日(木)に発表した「軽四輪車 通称名別新車販売速報」によると、「N-BOX」シリーズの2017年度上期(2017年4月~9月)における販売台数は9万4601台で、登録車を含む車名別新車販売台数において1位を獲得。ホンダによるとこの記録は、2002(平成14)年度上期に「フィット」が達成して以来15年ぶりで、ホンダの届出車としては初めてとしています。

【了】

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171005 nbox 02
  • Thumbnail 171005 nbox 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. その内の何千台はディーラーのデモカー(試乗車)なんだろうな(笑)
    先代と比較したら圧倒的にNA中心でターボは全国で数台しか無くて遠くのディーラーへ試乗しに行ったかと思えば、今は各店にNAとターボ両方試乗できるもんな!