「懐かしのコカ・コーラ電車」実現へクラウドファンディング実施 しなの鉄道

しなの鉄道が、115系電車の「『コカ・コーラ』レッドカラー」塗装を実現させようとクラウドファンディングを実現しています。

全国初のフルラッピング電車だったコカ・コーラ電車

 しなの鉄道(長野県上田市)は2017年10月14日(土)、同社線を走る115系電車で「『コカ・コーラ』レッドカラー」の塗装復活を実現させるため、その費用を集めるクラウドファンディングを開始しました。

Large 171016 shinatetsucola 01
115系電車「『コカ・コーラ』レッドカラー」のイメージ。最終的には日本コカ・コーラ社が確認した上で決定される(画像:しなの鉄道)。

 2017年4月から、しなの鉄道は115系の塗装に「懐かしの車体カラー」を相次いで復活させています。「初代長野色」「湘南色」「横須賀色」と続き、現行の「しなの鉄道色」「長野色」「ろくもん色」とあわせると全6デザインに。しかし、しなの鉄道によると、同社線の前身であるJR信越本線時代に「『コカ・コーラ』レッドカラー」も走っていたことが判明。今回、計画外かつ早期の塗色変更が必要なことから、その費用を確保するためにインターネットサイト「CAMPFIRE」においてクラウドファンディングを実施するといいます。

 115系の「『コカ・コーラ』レッドカラー」は1987(昭和62)年、JR発足と同時に登場。当時、全国では初めての「フルラッピング電車」でした。車内にコカ・コーラ社の自動販売機が設置されるなどしましたが、およそ4年で引退。現在、その車両はしなの鉄道に譲渡され、S11編成「イイヅナのラッピング」電車として引き続き使われています。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171016 shinatetsucola 02
  • Thumbnail 171016 shinatetsucola 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これ実現した場合コカ・コーラ社からロゴの著作権料を請求されるんだろうか。それとも広告料もらえるのかな。