臨時急行「ぬくもり飛騨路号」冬も運転 徐行運転や特産品販売など企画 JR東海

JR東海が2017年10月~2018年3月に、冬の「Shupo(シュポ)」キャンペーンを開催。臨時急行「ぬくもり飛騨路号」を12月に運転します。

特急「(ワイドビュー)ひだ」も増発

 JR東海が2017年10月から2018年3月にかけて、冬の「Shupo(シュポ)」キャンペーンを開催。「飛騨路」エリアに向けて、臨時列車を運行します。

 2017年5月に初めて運転した臨時急行「ぬくもり飛騨路号」を、この冬も運転。特急「(ワイドビュー)ひだ」などと同じキハ85系ディーゼルカー(4両)を使用し、以下の日・区間で運転します。

●運転日
・下り:12月2日(土)、9日(土)、16日(土)
・上り:12月3日(日)、10日(日)、17日(日)
●運転区間と時刻
・下り:名古屋9時05分発→高山12時10分着
・上り:飛騨古川13時37分発→高山13時54分発→名古屋17時32分着
・途中停車駅:岐阜、美濃太田、飛騨金山、下呂

171031 jrcshupo 01
臨時急行「ぬくもり飛騨路号」ヘッドマークのイメージ(画像:JR東海)。

 途中、景勝地の飛水峡や中山七里などでは徐行運転が、車内や駅では特産品販売などが予定されています。列車は全車指定席。乗車には乗車券のほか、急行券と指定席券が必要です。

 なお、キャンペーン期間中、特急「(ワイドビュー)ひだ」も年末年始や3連休を中心に、臨時列車が名古屋~高山間で上下計77本増発されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント