枚方市駅、2018年リニューアルへ 無印良品がデザイン、「シンプルで心地よい」空間目指す

京阪ホールディングスと京阪電鉄、京阪百貨店、京阪ザ・ストアが、京阪線の中核駅である枚方市駅をリニューアルします。

コンセプトは「いつも使いたい、一度は行ってみたい駅」

 京阪ホールディングスと京阪電鉄、京阪百貨店、京阪ザ・ストアは2017年11月7日(火)、京阪線の中核駅である枚方市駅をリニューアルすると発表しました。

Large 171107 hirakata 01
リニューアル後の枚方市駅の中央口コンコースのイメージ(画像:京阪電鉄)。

 対象は、駅2階中央口コンコース(改札内外)と駅構内の京阪百貨店2階。改札外コンコース(一部)と京阪百貨店2階「無印良品」のリニューアル時期は2018年5月ごろ、改札内コンコースと駅ナカ店舗は2018年末ごろを予定しています。

「いつも使いたい、一度は行ってみたい駅」をコンセプトに、駅構内と商業施設を一体のゾーンとしてとらえ、「シンプルで心地よい」空間へとトータルにデザインを一新します。

 今回デザインを手がけるのは無印良品で、同社初の試み。木目調を基本に、天井のスケルトン化や一部壁面のガラス化など、開放感のある環境にして“枚方でのくらし”を表現し、駅を訪れるだけで自宅にいるかのような感覚を体感できる駅空間にするといいます。

 また、駅案内サインや広告看板についても、掲出方法やレイアウトの見直し、デジタルサイネージの採用などを行います。

 そのほか、枚方市駅1階の「サービスコア」もリニューアル。既存のJTB京阪トラベルのほか、雑貨やカフェを配置し、バスの利用客の待ち時間にも利用できる空間とします。ここの完成は2018年秋ごろの予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. そういや、京阪は大阪府内の利用者減少とは裏腹に京都府内(+大津線)は利用者が増えている情報があるそうだ。
    だから、大津線の分社化したくないそうだ。
    なら、京阪と京都市営地下鉄、バスの共通運賃体制にすれば問題ないと考えてしまう。
    因みに枚方市駅から東に数駅には樟葉駅がある。
    乗降人員は京都府と大阪府の統計書で調べれば大体、分かる。
    阪神や南海みたいにハンドブックに乗降人員がないから見つけにくいが。

  2. 無印良品は確か、家をデザインした実績あるからね。