都電荒川線と日暮里・舎人ライナーに「駅ナンバリング」導入 東京五輪を見据え 東京都交通局

東京都交通局が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据え、都電荒川線と日暮里・舎人ライナーに「駅ナンバリング」を導入します。

導入は11月下旬から

 東京都交通局は2017年11月16日(木)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据え、都電荒川線(東京さくらトラム)と日暮里・舎人ライナーに「駅ナンバリング」を導入すると発表しました。

171116 toramu 01
路線シンボルと駅ナンバリングのイメージ(画像:東京都交通局)。

 導入は11月下旬から。対象は、都電荒川線の全30停留場と日暮里・舎人ライナーの全13駅です。番号の前に付くアルファベットは、都電荒川線が「SA」、日暮里・舎人ライナーが「NT」になります。

「駅ナンバリング」は案内標識(駅名標など)をはじめ、車内路線図や車内案内、ウェブサイトなどに順次導入されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171116 toramu 02
  • Thumbnail 171116 toramu 03
  • Thumbnail 171116 toramu 01

関連記事

最新記事

コメント