ANAとANAウイングス、「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」を受賞 航空運送分野で初

ANAとANAウイングスが、「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」で内閣総理大臣表彰を受賞。樹脂製車いすなどの開発が評価されました。

「搭乗橋アダプター」は国内初の開発

 ANA(全日空)とANAウイングスが2017年12月21日(木)、「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」で内閣総理大臣表彰を受賞しました。

「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」は、同デザインの推進について顕著な功績や功労のあった個人、団体を表彰するもので、優れた取り組みを広く普及させることが目的です。航空運送分野としては初の受賞で、評価されたのは、次の3件の取り組み。なお、「搭乗橋アダプター」は国内初の開発です。

Large 171222 jusho 01
「搭乗橋アダプター」の接続イメージ(画像:ANAホールディングス)。

・樹脂製車いす「morph(モルフ)」の開発:車輪から荷重を支える小さな軸受に至るまでが樹脂でできているため、車いすに座ったまま保安検査場を通過することが可能に。また、機内の通路幅にも対応しているため、機内の座席横までスムーズな移動が可能。

・「コミュニケーション支援ボード」の開発:文字と内容を容易に理解できるピクトグラムを使って、17種類の言語に対応。また、すべての表示に音声発話機能を付与。

・「搭乗橋アダプター」の開発:昇降式のエレベーター機能や取り外し可能な階段などを有し、すべての利用客が風雨にさらされることなく、プロペラ機のスムーズな搭乗・降機が可能に。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171222 jusho 02
  • Thumbnail 171222 jusho 03
  • Thumbnail 171222 jusho 01

関連記事

最新記事

コメント