地下鉄新会社の愛称は「Osaka Metro」に ロゴは「O」を内包したM 大阪市交通局

大阪市営地下鉄の事業を引き継ぐ大阪市高速電気軌道の愛称が「Osaka Metro」に決定。合わせてロゴやブランドコンセプトなども発表されました。

ブランドコンセプトは「走り続ける、変わり続ける。」

 大阪市交通局は2018年1月25日(木)、地下鉄の新会社である大阪市高速電気軌道の愛称を「Osaka Metro」に決定したと発表しました。

 同社は大阪市交通局が100%出資する株式会社で、4月に市営地下鉄の事業を継承します。ブランドコンセプトは「走り続ける、変わり続ける。」。大阪市高速電気軌道によると、「走り続けるために、変わり続ける。(Change to Run)」と「走り続けながら、変わり続ける。(Run and Change)」のふたつの意味を持たせ、新会社の目指す方向性を示したといいます。なお、コーポレートスローガンも同じく「走り続ける、変わり続ける。」としています。

 愛称の「Osaka Metro」については、今後の大阪のさらなる国際化を見据え、グローバルスタンダードである「Metro」を愛称に取り入れることで、「名立たる世界の大都市の『Metro』と肩を並べるとともに、大阪らしい『Metro』になる」という強い決意を込めたと説明しています。

Large 180125 osakametro 01
大阪市高速電気軌道の愛称「Osaka Metro」を盛り込んだロゴ(画像:大阪市交通局)。

 ロゴは「Metro」の「M」の中に「Osaka(大阪)」の「O」を内包し、螺旋(らせん)状の動きのあるフォルムで、「走り続ける」エネルギーや動力・推進力を表現。色は深く鮮やかな青をメインに用いることで、安全・安心の印象を想起させるとともに、エネルギッシュな大阪のまちや、走り続ける活力をイメージしています。

 また、動くシンボルマークとして、「マーク=平面の図形」という概念を打ち破る「チャレンジ精神」を表し、新会社が目指す「走り続ける」「変わり続ける」姿を象徴化したとしています。

 これらの愛称やロゴは、4月1日(日)から広く使われる予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180125 osakametro 02
  • Thumbnail 180125 osakametro 03
  • Thumbnail 180125 osakametro 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 個人的にはsubwayのほうが良かった

  2. 何だか目が回りそう。ぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・・・

  3. 赤い大阪メトロマークの御堂筋線の車両を早く見たいですね。

  4. 事実上の鉄道で、「大阪地下鉄」が本来なら正式名称=商号にふさわしいと思います。
    国土交通省運輸関係部局も行政指導で鉄道事業法による鉄道、第一種鉄道事業者に切り替えるように指導すべきですね。
    そうすれば大阪市高速電気軌道と言う商号も(以下略