「飛鳥II」が「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」26年連続1位を獲得

クルーズ専門誌『CRUISE』の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」(2017年度)において、客船「飛鳥II」が2部門で1位を獲得しました。

「総合」「日本船」の2部門で1位

 日本郵船グループの郵船クルーズは2018年2月28日(水)、同社保有・運航の客船「飛鳥II」が、2017年度「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」において、「総合」「日本船」の2部門で1位を獲得したと発表しました。

Large 180301 askcsoty 01
「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」26年連続1位を獲得した客船「飛鳥II」のイメージ(画像:郵船クルーズ)。

「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」は、クルーズ専門誌『CRUISE(クルーズ)』の読者が「あなたの好きな客船とその理由」について投票を行い、ランキングを決定する企画です。1992(平成4)年度から実施されており、1位獲得は初代「飛鳥」から26年連続となります。

「飛鳥II」への投票理由としては「品のある空間にいるだけで幸せな気分になる」「丁寧な対応やサービスはいつ乗船しても完璧」といった声が多数を占めていたとのこと。郵船クルーズは「今後も、当社はグループを挙げて、お客さまにご満足いただける高品質のクルーズをお届けできるよう努めます」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント