大阪南港「さんふらわあターミナル(大阪)」誕生 フェリーさんふらわあ命名権取得で

大阪南港コスモフェリーターミナルが「さんふらわあターミナル(大阪)」に名前を変えました。フェリーさんふらわあが命名権を取得したことによるものです。

道路標識やナビシステムなども順次変更

 フェリーさんふらわあ(大分県大分市)は大阪南港コスモフェリーターミナル(大阪市住之江区)の命名権を2017年10月1日(日)より10年間取得、名称を「さんふらわあターミナル(大阪)」としました。

171002 ferry 01
大阪市住之江区の「さんふらわあターミナル(大阪)」(画像:フェリーさんふらわあ)。

 これは大阪市港湾局の提案型ネーミングライツ制度を活用した取り組みで、同制度の第1号。フェリーさんふらわあは今後、道路標識やマップ、ナビゲーションシステムなどを順次変更し、利用客の利便性向上を図る構えです。

「さんふらわあターミナル(大阪)」には、フェリーさんふらわあの別府航路と志布志(鹿児島県)航路が発着しており、2018年には2隻の新造船(大阪〜志布志)が就航する予定です。

 フェリーさんふらわあは「関西の海の玄関口として機能する、大阪南港のターミナルに当社名の一部を冠した愛称にしたことで、地域に根ざした『さんふらわあ』としてお客様により身近に感じていただければ」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171002 ferry 02
  • Thumbnail 171002 ferry 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 大阪南港には名前が似ているターミナルがいくつも存在するので、さんふらわあだけが発着するターミナルとして区別するにはこれ以上ない名称だと思います。
    仮にさんふらわあ以外も就航しているターミナルに「さんふらわあターミナル」の名前が付いてしまったらいろんな意味で大問題ですけどね。