愛くるしいパンダが空を飛ぶ 南紀白浜空港開港と就航50周年にJAL「わかぱんジェット」登場

和歌山観光PRシンボルキャラクター「わかぱん」の塗装を施したJALのエンブラエル190型機が運航を開始します。同機は南紀白浜空港開港50周年とJALの羽田~南紀白浜線就航50周年を記念した特別塗装機。和歌山県への誘客や特産物PRの一旦も担います。

和歌山への誘客にパンダと特産品を日本各地でアピール

 JAL(日本航空)は2018年3月20日(火)、南紀白浜空港開港50周年とJALの羽田~南紀白浜線就航50周年を記念し、特別塗装機「わかぱんジェット」を就航させると発表しました。

Large 180320 わかぱんジェット
特別塗装機「わかぱんジェット」のイメージ(画像:JAL)。

 同機はエンブラエル190型機(E190)の機体に、和歌山観光PRシンボルキャラクター「わかぱん」を塗装。わかぱんは、日本最多のジャイアントパンダを飼育している、和歌山県アドベンチャーワールドのパンダです。県の特産物である梅の花をあしらったデザインも機体後方部の左右に描かれます。

 さらに、期間限定で機内のヘッドレストカバーと飲み物に使用する紙コップにもわかぱんをプリント。ぬいぐるみも登場し、搭乗客を出迎えます。
 
 JALでは和歌山県への誘客と利便性拡大を目的として、羽田~南紀白浜線に就航していたエンブラエル170型機を3月25日(日)からE190に変更。供給座席数を増加します。これにより、全便でクラスJシートが利用可能です。

 JALは、「これからも、この50年続いた羽田~南紀白浜線を活用した和歌山への誘客や、ジャイアントパンダや和歌山の特産物などの魅力を広くアピールし、地域活性化のお手伝いができるよう、さまざまな取り組みにチャレンジしてまいります」としています。

 運航開始予定は4月1日(日)で、期間は2019年3月末まで。東京~南紀白浜線や伊丹~函館線など、E190の就航路線で運航されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント