諸元表「東急電鉄 2020系電車」

東急電鉄の田園都市線向けに開発された新型車両の2020系。故障を未然に防ぐための監視システムの導入や、デジタルサイネージの強化などが特徴です。おもな諸元を紹介します。

デジタルサイネージの強化など図る

 東急電鉄の田園都市線向けに開発された新型車両の2020系がデビューしました。故障を未然に防ぐための監視システムを導入したほか、ドア間にデジタルサイネージを3連続で設置しているのが特徴です。2018年3月28日(水)から営業運転が行われています。

180329 tkk2020spec 01
東急田園都市線に導入された2020系(2018年2月、草町義和撮影)。

主要諸元(2020系)

●形式(種別)|搭載機器|自重|定員(座席)
クハ2120(Tc2)|ATC・ARf・BT|31.5t|143人(45人)
デハ2220(M2B)|VVVF・SIV|33.5t|155人(48人)
デハ2320(M1B)|VVVF・CP・SIVLB|33.5t|155人(51人)
サハ2420(T3)| |27.8t|155人(51人)
サハ2520(T2) | |27.5t|155人(51人)
デハ2620(M3)|VVVF|32.0t|155人(51人)
サハ2720(T1)| |27.5t|155人(51人)
デハ2820(M2A)|VVVF・SIV|33.5t|155人(51人)
デハ2920(M1A)|VVVF・CP・SIVLB|33.5t|155人(51人)
クハ2020(Tc1)|BT・ARf・ATC|31.4t|143人(45人)
※クハ2120=渋谷方
※クハ2020=中央林間方

180329 tkk2020spec 02
2020系編成の構成図(画像:東急電鉄)。

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

関連記事

最新記事