ANA最長便は、深夜から早朝まで14時間半かかる(写真48枚)

ANA最長路線であり、そのうち特に所要時間が長いメキシコシティ発成田行きの「ANA便最長所要時間」のNH179便は、深夜から早朝まで14時間半かかります。CAにとっても、かんたんではないようです。

ANA最長路線で、最長所要時間の便

深夜から早朝まで14時間半の便は、かんたんではないことも(1分53秒)。

 長さ7003マイル、約1万1300kmと、ANA(全日空)で最長の路線である成田=メキシコシティ線(区間基本マイル)。特に、成田行きのNH179便は“長い”です。偏西風に逆らうため、所要14時間35分。メキシコシティ行きより2時間20分、所要時間が長くなっています(すべて2018年1月のダイヤ)。

Large 180430 ana 01
メキシコシティから早朝の成田空港へ到着したNH179便。機材はB787-8(2018年1月、恵 知仁撮影)。

 このANA最長距離&所要時間のNH179便、深夜から早朝まで、14時間以上かかります。メキシコシティ発は午前1時00分で、成田着は午前6時35分。この現地時間でみると所要5時間半の夜行便にも見えますが、日本とメキシコの時差は15時間(冬)。実際の所要時間は14時間半になります。冬場、メキシコシティから成田まで、窓外はずっと暗いままです。14時間半。

 このため同便は機内サービスに、特に気を使うそうです。深夜に離陸し、14時間以上経過したのち、早朝の着陸。食事など、いつ出すべきか……。

Large 180430 ana 02 Large 180430 ana 03 Large 180430 ana 04
2018年1月14日のNH179便クルー。
ビジネスクラス「お好きなときに」のメニュー。
人気という一風堂のラーメン「そらとん」。

 たとえばビジネスクラスの食事、成田を16時40分に出発するメキシコシティ行きはコース料理が出ますが、成田行きは「離陸後のお飲み物とともに」「お好きなときに」「お目覚めのあとに」といった、柔軟性の高いメニューを用意。照明が抑えられた状態が長く続くなか、どうすれば満足してもらえるか、CAは試行錯誤を続けているそうです。実際に搭乗した成田行きNH179便のビジネスクラスでは、機内が暗いなか目覚めて、読書灯をともしたとき、特に呼んでいないながらも、「お飲み物はいかがですか?」とCAに声をかけられたのが印象的でした。

 ちなみに東京発着のANA区間基本マイルは、ニューヨークが6723、ワシントンD.C.が6762、ロンドンが6214です

【了】

この記事の画像をもっと見る(48枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  dsc6760
  • Thumbnail  dsc6761
  • Thumbnail  dsc6762
  • Thumbnail  dsc6763
  • Thumbnail  dsc6766
  • Thumbnail  r4a1429
  • Thumbnail  r4a1430
  • Thumbnail  r4a1449
  • Thumbnail  r4a1453
  • Thumbnail  r4a1456
  • Thumbnail  r4a1461
  • Thumbnail  r4a1467
  • Thumbnail  r4a1476
  • Thumbnail  r4a1488
  • Thumbnail  r4a1490
  • Thumbnail  r4a1495
  • Thumbnail  r4a1510
  • Thumbnail  r4a1515
  • Thumbnail  r4a1517
  • Thumbnail  r4a1522
  • Thumbnail  r4a1524
  • Thumbnail  r4a1525
  • Thumbnail  r4a1539
  • Thumbnail  dsc6772
  • Thumbnail  dsc6780
  • Thumbnail  dsc6784
  • Thumbnail  dsc6785
  • Thumbnail  dsc6789
  • Thumbnail  dsc6797
  • Thumbnail  dsc6803
  • Thumbnail  dsc6807
  • Thumbnail  dsc6818
  • Thumbnail  dsc6853
  • Thumbnail  r4a1551
  • Thumbnail  r4a1553
  • Thumbnail  r4a1561
  • Thumbnail  r4a1564
  • Thumbnail  r4a1567
  • Thumbnail  r4a1570
  • Thumbnail  r4a1578
  • Thumbnail  r4a1587
  • Thumbnail  r4a1609
  • Thumbnail  r4a1612
  • Thumbnail  r4a1617
  • Thumbnail 180430 ana 01
  • Thumbnail 180430 ana 02
  • Thumbnail 180430 ana 03
  • Thumbnail 180430 ana 04

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 全日空のメキシコ線機内にも、この路線が発着する日本の空港のラウンジにも、メキシコを代表する酒、テキーラは、ありません。

    日本に乗り入れている日本国外のエアラインが、日本酒や焼酎を積んでいたり、ラウンジにおいてあったりするのとは対照的です。

    桂秀光

  2. > 現地時間でみると所要5時間半の夜行便にも見えます

    国際線のことを少しでも知っていればそうは見えませんが、敢えてのっかったとすると、成田着は+1なので29時間半ですよ。

  3. 14時間で長い?
    昔、アムスから東京まで南周りの路線がありました。最初はギリシャだったかなぁ、次は中東だったかなぁ、インド、バンコク、台北も寄ったかなぁ。クルーは2回か3回入れ替わっていました、途中の空港ではミールも乗せ替えです。
    その度に機内食が出ます、少し長い距離だと2回、とにかくいっぱい食べました
    日本人のCAさんは一度日本を出発すると、途中の経由地で、降りるのはいいのですが、場合によっては戻ることもあるので2週間以上家には戻れないそうです
    乗客は途中で乗り降りする人もいますが大半の人は終点の東京まで合計25時間くらいエコノミーでも座って過ごします。そろそろ消滅すると聞き(30年くらい前)ワザワザ乗ったのですがすごい体験でした