ANAの超大型機エアバスA380、カウチシートや個室型ファーストクラスを初導入(画像25枚)

ANAが、東京~ホノルル線に導入を予定している世界最大の旅客機エアバスA380型機のデザインと機内仕様を発表。4クラス全520席を備え、バーカウンターや多目的ルームも設けられます。

席がベッド状に変わる「カウチシート」

 ANA(全日空)は2018年4月25日(水)、東京~ホノルル(米ハワイ)線に導入する世界最大の旅客機エアバスA380型機の3機について、デザインと機内仕様が決定したと発表しました。

Large 180425 anaa380 01
エアバスA380型機のシートマップ。2階はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミークラスが、1階はエコノミークラスが設定される(画像:ANA)。

 機内は2階建てで全520席。アッパーデッキ(2階席)にはファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席が、メインデッキ(1階席)はエコノミークラス383席がそれぞれ設定されます。

 ファーストクラスはANAのホノルル線に初導入。ドアを装備した個室型シートも日本初です。ビジネスクラスはフルフラットになり、一部は隣同士で座れるペアシートが設定されます。

 エコノミークラスの後方60席は、日本の航空会社では初となるカウチシート「ANA COUCHii」を導入。隣接する席のレッグレスト部分を上げて座面と同じ高さにでき、3席または4席分をベッドのように変えられます。エコノミークラス運賃に追加料金で利用が可能。小さな子ども連れなどの需要を見込んでいます。

Large 180425 anaa380 03 Large 180425 anaa380 14 Large 180425 anaa380 19
ドア付き個室型シートのファーストクラスのイメージ(画像:ANA)。
エコノミークラスのカウチシート「ANA COUCHii」のイメージ(画像:ANA)。
多目的ルームのイメージ(画像:ANA)。

 なお、全席にはパーソナルモニターのほか、パソコン用電源、USBポートが装備されます。「ANA Wi-Fi Service」も利用可能です。

 メインデッキ後方には、シンクに加えベンチシートや着替え台、おむつ交換台などを備えた多目的ルームを設置。さらに両デッキには、ドリンクやスナックなどの軽食を自由に取れるバーカウンターも設けられます。

この記事の画像をもっと見る(25枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180425 anaa380 02
  • Thumbnail 180425 anaa380 04
  • Thumbnail 180425 anaa380 05
  • Thumbnail 180425 anaa380 06
  • Thumbnail 180425 anaa380 07
  • Thumbnail 180425 anaa380 11
  • Thumbnail 180425 anaa380 12
  • Thumbnail 180425 anaa380 13
  • Thumbnail 180425 anaa380 15
  • Thumbnail 180425 anaa380 16
  • Thumbnail 180425 anaa380 17
  • Thumbnail 180425 anaa380 18
  • Thumbnail 180425 anaa380 20
  • Thumbnail 180425 anaa380 23
  • Thumbnail 180425 anaa380 24
  • Thumbnail 180425 anaa380 25
  • Thumbnail 180425 anaa380 26
  • Thumbnail 180425 anaa380 28
  • Thumbnail 180425 anaa380 01
  • Thumbnail 180425 anaa380 03
  • Thumbnail 180425 anaa380 14
  • Thumbnail 180425 anaa380 19
  • Thumbnail 180425 anaa380 27
  • Thumbnail 180425 anaa380 21
  • Thumbnail 180425 anaa380 22

関連記事

最新記事

コメント