ONEカラーの新造コンテナ船竣工 「ONE STORK」と命名 日本郵船

川崎汽船、商船三井、日本郵船の定期コンテナ船事業を統合したOcean Network Express Pte. Ltd.用のコンテナ船が竣工。これまでのシリーズ船と同様、鳥の名前で「ONE STORK」と命名されました。

「STORK」はコウノトリ

 日本郵船は2018年6月12日(火)、ジャパン マリンユナイテッドの呉事業所(広島県呉市)で、Ocean Network Express Pte. Ltd.(ONE)で使用する新造コンテナ船「ONE STORK」が竣工したと発表しました。

Large 180612 yusen 01

拡大画像

Ocean Network Express Pte. Ltd.のコーポレートカラーであるマセンダを身にまとった「ONE STORK」(画像:日本郵船)。

 ONEは、川崎汽船、商船三井、日本郵船の定期コンテナ船事業を統合し設置された事業会社です。

 本船は日本郵船の14000TEU型シリーズ全15隻の10番船で、ONEのコーポレートカラーであるマゼンタを船体にまとった初めてのコンテナ船。6月11日(月)には命名式が開催され、これまでのシリーズ船と同様、鳥の名前で「ONE STORK」と名付けられました。「STORK」はコウノトリを意味します。

「ONE STORK」は日本船籍のコンテナ船で、全長364m、全幅50.60m。積貨重量トンは13万9335t、総トン数は14万5251tです。スエズ運河を経由してアジアと北米東岸を結ぶ航路に投入されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント