JAL、自転車の受託手荷物用ボックスを開発 分解、組み立ての手間を軽減(写真10枚)

モニターツアーからサービス開始

「SBCON」のおよそのサイズは、縦52cm×横170cm×高さ94cm。日本で使われているロードバイクやマウンテンバイクの7~8割が収納可能とのことです。最初は国内ツアー商品の旅客の受託手荷物としてサービスを開始する予定で、その実証実験として、2泊3日のしまなみ海道のモニターツアーが企画されています。将来的には、個人旅客へ対象を広げていきたいといいます。

Large 180622 jalcargo 02
自転車用の受託手荷物専用ボックス「SBCON」(2018年6月22日、宮崎佳代子撮影)。

 JAL常務執行役員・経営企画本部長の西尾忠男さんは、「SBCON」の運用について次のように述べました。

「日本の地方にはサイクリングを楽しむのに良い所がたくさんあり、様々な大会もあるなかで、飛行機で自転車輸送ができないものかと考えてきました。『SBCON』の開発は、サイクルツーリズムが観光素材となり、訪日旅客や民泊、地方の交流人口拡大につながるものではないかと考えています」

 しかし、地方空港は市内や観光地から離れている場合が多く、空港から自転車で移動するのは時間も体力も要するため、地上輸送の問題が課題とされます。

 また、貨物室に安全に搭載できる実際の数量などについては、これから検証が進められていくとのこと。「SBCON」を利用したモニターツアーは、7月2日(月)から発売が開始されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180622 jalcargo 03
  • Thumbnail 180622 jalcargo 04
  • Thumbnail 180622 jalcargo 05
  • Thumbnail 180622 jalcargo 06
  • Thumbnail 180622 jalcargo 07
  • Thumbnail 180622 jalcargo 08
  • Thumbnail 180622 jalcargo 09
  • Thumbnail 180622 jalcargo 10
  • Thumbnail 180622 jalcargo 01
  • Thumbnail 180622 jalcargo 02

関連記事

最新記事

コメント