エコノミークラスを快適に過ごすには 国際線の機内、実例に見る持ち込みたいアイテム

国際線においてエコノミークラスに乗る場合、ちょっとした持ち込みグッズによってフライトの快適さが違ってきます。どんなものが役に立つでしょうか。

防寒対策や騒音低減の便利アイテム

 国際線のエコノミークラスを利用する際、どんなものを機内に持ち込むと便利でしょうか。片道7時間以上かかる中・長距離路線をエコノミーで旅する時、私(宮崎佳代子:元キャビンアテンダント・ライター)が持ち込む4つのものから紹介していきます。

Large 180411 aircarry 01 02
飛行時間の長い国際線は、持ち込みアイテムによって快適性が向上する。写真はイメージ(画像:zhukovsky/123RF)。

 まず、防寒対策のショールやカーディガン。機内温度は常に一定ではなく、また、人の体温は上がったり下がったりしますので、寒さへの備えが必要です。エコノミーの毛布は生地が薄めのため、1枚だけでは十分でない時があります。

 私が愛用しているのは、パシュミナ100%のショールです。コンパクトに畳める上に軽い、保温性に優れていることから、機内だけでなく旅先でもいつもカバンに入れて持ち歩いています。男性は防寒対策に、パーカーを持参している人が多いようです。防寒も着心地や使い心地の良いものにすることで、より快適に過ごせます。

 ふたつめは、ノイズキャンセリング・ヘッドフォン。私にとっては、これがあるのとないのとでは、エコノミーでの快適性が大きく違ってくるアイテムです。機内はエンジン音や人々の話し声など様々な騒音がありますが、このヘッドフォンをつけるだけで、周囲の雑音がぐっと低減。寝る時の耳栓がわりにもなります。機内映画や音楽などのサウンドも、エコノミーで提供されるイヤホンよりずっとクリアです。

 飛行機のイヤホンジャックはプラグ(端子)2本タイプと1本タイプがあるので、2本タイプ用のアダプターも持っておくと便利です。ヘッドフォンを外さずとも話しかける声が聞こえるタイプのものなら、食事サービスの時などに客室乗務員に話しかけられる度に外さなくてすみます。残念ながら、ワイヤレスはまだ機内プログラムには使えないとのことです。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180411 aircarry 02
  • Thumbnail 180411 aircarry 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. たぶんライターの言ってるヘッドホンとは違うと思う