台風、その風速が「特急電車並み」 実際どのくらいのスピードなの?

風速に関する情報で「特急電車並みの速さ」という表現が使われました。各地の鉄道路線を走る特急列車は実際のところ、どのくらいのスピードで走っているのでしょうか。

よく使われる表現は「自転車並み」だが

 天気予報では台風の進行速度や風速などを、数字以外の言葉で表現することがあります。代表的な表現といえるのが「自転車並みの速度」。台風の進行速度が15~20km/hくらいのときに、よく使われます。

Large 180801 typhoonvsexp 01
台風12号の襲来で予想された風の強さは「特急電車並みの速さ」と表現された。写真はJR在来線の特急「スーパーあずさ」(2017年11月、恵 知仁撮影)。

 しかし、日本気象協会が2018年7月28日(土)の11時31分に発表した情報では、日本に迫っていた台風12号の風の強さについて「台風(12号)が近づくにつれ、太平洋側では急激に風が強まり、『特急電車並みの速さ』の猛烈な風が吹く所があるでしょう」と表現していました。このとき、各地の最大瞬間風速は具体的には次のように予想されています。

・伊豆諸島、東海地方、近畿地方 50m/s(時速に直すと180km/h)
・関東地方 45m/s(同162km/h)
・中国地方、四国地方 35m/s(同126km/h)
・北陸地方、九州北部地方 30m/s(同108km/h)

 それでは、日本国内の特急列車は実際にどのくらいの速度で走っているのでしょう。今回予想された最大瞬間風速と特急列車の最高速度を比べてみました。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180801 typhoonvsexp 03
  • Thumbnail 180801 typhoonvsexp 01
  • Thumbnail 180801 typhoonvsexp 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 姫路からの新快速速かったな!
    まあ、ヒーローや台風が中央特快より速く!!じゃピンとこないしねw
    ただね、八丁畷の快速の通過は怖い!昔は通過列車でも電車が来ます、としか言わなかったし