名阪間の「新幹線自由席用早特往復きっぷ」発売終了へ JR東海

JR東海が、名古屋~新大阪間の「新幹線自由席用早特往復きっぷ」の発売を終了します。

Large 180806 jrchayatoku 01
登録したクレジットカードと交通系ICカードで東海道・山陽新幹線を利用できる「スマートEX」は、2017年9月にサービスを開始している(2017年9月、恵 知仁撮影)。

 JR東海は2018年8月6日(月)、名古屋(市内)~新大阪(市内)間で設定していた「新幹線自由席用早特往復きっぷ」(9150円)の発売を、9月30日(日)の利用開始分をもって終了すると発表しました。

 東海道・山陽新幹線のネット予約サービス「エクスプレス予約」や「スマートEX」の進展に伴うものとしており、JR東海は今後、名古屋~京都、新大阪間の旅行についてはこれらのサービスを利用してほしいとしています。

●詳細はこちら
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000037922.pdf

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. JR東海はよほど特定都区市内制度適用のきっぷでJR他社と精算したくないんでしょうね…

  2. JR東海はお役所しごとになってきてますなあ

    • どこがお役所仕事なんですか?
      代替のサービスがあるんだからサービス低下にはなっていないと思いますが。

  3. あからさまな金券屋対策すぎてワロタ。

    • あー確かに。東京駅から直ぐ(だったかな)の金券ショップを見かけた時は驚いたもんなぁ。
      西武秩父駅の直近に金券ショップ(?)自動販売機があったけど今でもあるのかな。