保護者割引と幼児無料の「子育て応援割引」開始 ジャンボフェリー

ジャンボフェリーが保護者運賃割引と幼児無料の「子育て応援割引」を開始します。

Large 180829 jumboferry 01
「子育て応援割引」を実施するジャンボフェリー(画像:ジャンボフェリー)。

 ジャンボフェリー(神戸市中央区)は、2018年9月1日(土)から「子育て応援割引」を開始します。

「子育て応援割引」は、保護者1人と1歳以上小学生未満の幼児が乗船する場合が対象。大人運賃が10%引きになり、通常は大人1人につき幼児1人が無料のところを、同一世帯なら幼児が何人でも無料になるものです。「神戸~高松航路」と「神戸~小豆島航路」で実施。乗船券購入時に窓口で「子育て応援割引」と伝えると、割引を受けることができます。なお、保護者が複数の場合は適用されません。また、「神戸~高松航路」を往復で利用する場合は、往復割引(3390円)の方が安くなります。

●詳細はこちら
https://jumboferry.com/event/2018

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 船や鉄道は家族割制度を始めた方が良いね。
    但し、夕方ラッシュ時は着席で埋まる可能性が高いから控えた方が良いね。

  2. 何と気前もジャンボ!老朽船をコツコツ改装しながら小豆島寄港など涙ぐましい努力でフェリー不況を乗り切って頑張る会社はいいですね
    自分はマイカーを積み込んだりで利用しますが、実は連絡バスの充実に加えて片道バスを利用するプランなど鉄路よりお得な乗り物となっております。
    そろそろ新造船の声が聞こえてもよい時期なのですが、小倉、松山フェリーのような船が会社を跨ぎ関西汽船塗装で頑張るところを見るとジャンボフェリーもまたまだ行けると言ったとこでしょうか

  3. ジャンボフェリーに乗ったら窃かにやってみたいのはデッキからの空撮