ANAの成田~ホノルル線が就航20周年 搭乗口でフラダンス

ANAの成田~ホノルル線が、就航20周年を迎えました。これを記念し、ANAは成田空港でイベントを実施。フラダンスの披露や記念品の贈呈が行われています。

就航当初は週4便の運航

 ANA(全日空)の成田~ホノルル線が2018年10月4日(木)、就航20周年を迎えました。

Large 181004 ana 01

拡大画像

オリジナルのアロハシャツを着たANA地上係員とフラダンスチーム「モアナテア」(2018年10月4日、伊藤真悟撮影)。

 同社の成田~ホノルル線は、1998(平成10)年10月4日に週4便で運航を開始。2002(平成14)年4月18日からは毎日運航になりました。現在は1日2往復の運航で、羽田発着の1日1往復とあわせて、1日に3往復が東京とハワイを結んでいます。

 20周年の2018年10月4日(木)、ANAはそれを記念して、成田空港でイベントを開催。ホノルル行きのNH184便とNH182便を対象に、搭乗ゲート前で茨城県土浦市のフラダンスチーム「モアナテア」がフラダンスを披露。オリジナルのアロハシャツを着たANAの地上係員が、乗客に記念品(ボトル入りオリジナルアイスタオル)を贈呈しました。

 ANAのホノルル線は現在、ボーイング787-9型機による運航ですが、世界最大の旅客機であるエアバスA380型機を3機、2019年春以降に成田発着で順次導入する予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(7枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント