引退ロマンスカー「LSE」の廃材がソファやテーブル、雑貨に 商品第2弾発売

引退した小田急ロマンスカー「LSE」の車内装備品を再活用した家具や雑貨の第2弾が登場。2人掛けシートを使用したソファなど全5品目です。

腕時計はグレーの「2」が登場

 小田急エージェンシーは2018年12月21日(金)、引退した特急ロマンスカー「LSE」(7000形)の装備品を活用した家具や雑貨の第2弾を発売しました。

Large 181225 oerlsesoubihin 01
「LSEソファ」のイメージ(画像:小田急電鉄)。

 この取り組みは「Romancecar Memorial Parts Project」と題し、「LSE」が引退した10月にスタート。「LSE」で実際に使われていた装備品などを、プロダクトデザイナーの手によって再活用します。第1弾は折りたたみテーブルやシートの座面、カーテンを再活用した商品が販売されました。今回の第2弾は次のとおりです。

●LSEチェア
 シートの座面を使用。色は青と赤茶の2色。
・数量:各18脚
・価格:7万5000円(税込)

●LSEテーブル
 折りたたみテーブルを使用。
・数量:90卓
・価格:3万6000円(税込)

●LSEトートバッグ
 シート背面に設置されていたシートポケットを内部ポケットに使用。
・数量:90個
・価格:1万6000円(税込)

Large 181225 oerlsesoubihin 02 Large 181225 oerlsesoubihin 03 Large 181225 oerlsesoubihin 04
「LSEチェア」のイメージ(画像:小田急電鉄)。
「LSEテーブル」のイメージ(画像:小田急電鉄)。
「LSEトートバッグ」のイメージ(画像:小田急電鉄)。

●ロマンスウォッチ2
 カーテンを文字盤に使用。第1弾のバーミリオンオレンジに続き、第2弾は「LSE」のもうひとつの車体色であるグレーをバンド色に採用。
・数量:200個
・価格:2万円(税込)

●LSEソファ
 リクライニング機能などはそのままに、シートを家庭用にアレンジ。色は青系と赤茶系の2種類。
・数量:各4脚
・価格:23万8000円(税込)

 デザイナーはいずれの商品も中村雄二さんです。商品は特設ウェブサイトで2019年1月31日(木)まで発売されます。

 なお、販売と並行して、小田急電鉄の環境の取り組みを紹介する世田谷代田駅(東京都世田谷区)の「小田急環境ルーム」では、販売期間中、試作品が展示されます。また、「Romancecar Memorial Parts Project」による販売収益の一部は、引退したロマンスカー「NSE」(3100形)を保存・展示している神奈川県開成町に、車両の保存管理費として寄付されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント