「ハローキティ はるか」登場! 関空アクセス特急、かわいい姿に変身(写真53枚)

山陽新幹線500系に続き、在来線にも「ハローキティ」のラッピング列車が登場。米原・京都~関西空港間を結ぶ関空アクセス特急「はるか」の車両を装飾した「ハローキティ はるか」が報道陣に公開されました。

第2弾、第3弾も計画中

 JR西日本は2019年1月28日(月)、関西空港アクセス特急「はるか」のラッピング列車「ハローキティ はるか」を吹田総合車両所日根野支所(大阪府泉佐野市)で報道陣に公開しました。1月29日(火)から運行を開始します。

Large 190128 kittyharuka 01

拡大画像

281系を装飾した「ハローキティ はるか」(2019年1月28日、草町義和撮影)。

 このラッピング列車は、「はるか」で使われている281系特急形電車の1編成(6両)を、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」で装飾したものです。デザインのテーマは「和のおもてなし」。訪日外国人観光客を関空で出迎えます。

 外観は窓の下を中心に装飾。「ハローキティ」のほか、「はるか」の車体塗装に使われている紺色をベースにチョウや草花などが描かれました。車内もドアや窓のあいだなどを「ハローキティ」のデザインアートで装飾しています。

 JR西日本によると、「ハローキティ はるか」は通常の特急「はるか」の定期列車として、米原・京都~関西空港間で運行されます。時刻は日によって異なり、運転のない日もあります。また、「コンセプトはそのままに、それぞれ異なるデザインで第二弾、第三弾を計画中」だそうです。

 JR西日本は2018年6月から、山陽新幹線の500系電車を「ハローキティ」で装飾したラッピング列車を運行中。「ハローキティ はるか」はこれに続く企画になります。このほか、関東大手私鉄の京王電鉄でも2018年11月から「ハローキティ」ラッピング列車が運行中です。

【了】

【写真】車内も「ハローキティ」だらけ!

Writer: 草町義和(鉄道ライター)

1969年、新潟県南魚沼市生まれ。鉄道趣味誌で列車の乗車ルポや幻の鉄道(未成線)の散策記などを多数発表してきた。著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。趣味はアサガオ、ゴーヤの栽培。

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント