JAL、羽田~小松線で臨時便を運航 一部便は機材大型化で座席数増 台風19号の影響受け

北陸新幹線での移動が難しいなか、JALが輸送力を増強します。

 JAL(日本航空)が2019年10月15日(火)、東京(羽田)~小松線で臨時便を運航し、一部の便は機材を大型化すると発表しました。

Large 191015 jal 01

拡大画像

離陸するJALのボーイング787-800型機(2019年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 現在発表されているのは、10月16日(水)から18日(金)までの予定です。そのうち16日(水)は、JL189便とJL190便がボーイング737-800型機からボーイング767-300ER型機に大型化され、席数が87増加。また羽田発19時00分、小松発20時35分の臨時便が1往復、運航されます(席数165席のボーイング737-800型機で運航)。

 台風19号の影響により行われるもので、19日(土)以降の予定については決定し次第、発表するとしています。なお現在、台風19号による被害のため、北陸新幹線経由で首都圏と金沢方面の移動はできなくなっています。

【了】

【時刻表】臨時のJAL羽田~小松線ダイヤ

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191015 jal 02
  • Thumbnail 191015 jal 03
  • Thumbnail 191015 jal 04
  • Thumbnail 191015 jal 01

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント