ANAのA380「空飛ぶウミガメ」カウチシート料金決定 ファーストは往復35万円から(画像11枚)

ANAが成田~ホノルル線に導入するエアバスA380型機のダイヤと運賃を発表。ファーストクラスとカウチシートは初めての設定です。

7月から毎日運航に

 ANA(全日空)は2018年12月26日(水)、成田~ホノルル(米ハワイ)線に導入する超大型旅客機エアバスA380型機の運航ダイヤと運賃を発表しました。

Large 181226 anaa380dia 01

拡大画像

エアバスの独ハンブルク工場で初披露されたANA「FLYING HONU」デザインのA380型機(2018年12月13日、恵 知仁撮影)。

 2019年5月24日(金)から、以下の便がエアバスA380型機で運航されます。

・NH184便:成田20時20分発→ホノルル8時40分着(火・金・日曜発)
・NH183便:ホノルル11時30分発→成田翌15時00分着(火・金・日曜発)

 2機目が投入される7月1日(月)からは、以下の便がエアバスA380型機で運航されます。

・NH184便:成田20時20分発→ホノルル8時40分着(毎日発)
・NH182便:成田21時35分発→ホノルル10時10分着(火・金・日曜発)
・NH183便:ホノルル11時30分発→成田翌15時00分着(毎日発)
・NH181便:ホノルル12時45分発→成田翌16時00分着(火・金・日曜発)

 なお、A380型機でない曜日は、ボーイング787-9型機が使われます。

 ANAが成田~ホノルル線に導入するA380型機は、ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれ親しまれている「ウミガメ」にちなんだ「FLYING HONU(フライング ホヌ:空飛ぶウミガメ)」という愛称を持つ特別塗装機です。ハワイの「空」「海」「夕陽」をそれぞれイメージした3機が登場します。

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181226 anaa380dia 11
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 12
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 13
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 14
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 15
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 16
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 17
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 01
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 02
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 03
  • Thumbnail 181226 anaa380dia 04

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ハワイ旅行をより楽しく変えられそうなメカニック