スカイマーク初国際線でも「独自性」 唯一の直行便「成田~サイパン線」開設のワケ

国内線で「独自性」を強みに路線展開をしてきたスカイマーク。初の国際線となる成田~サイパン線も「独自性」がウリです。なぜこの路線を選んだのか、「独自性」の原点はどこなのか、市江正彦社長が話しました。

なぜサイパン?

 スカイマークが2019年10月24日(木)、記者発表会を開催。話題の中心になったのは、開設が発表されている成田~サイパン線です。同社初の国際線であるほか、過去には存在したものの現在、この路線で直行便を運航する航空会社はありません。

Large 191024 sky 01

拡大画像

スカイマークのボーイング737-800型機(2019年5月、伊藤真悟撮影)。

 これまで国内線でも神戸、茨城空港発着路線や、深夜早朝便の運航など、「独自性」を強みにしてきたというスカイマーク。加藤勝也専務取締役は「サイパンは、羽田から沖縄より少し遠いぐらいの『身近』な距離のリゾートであることが魅力です。特徴は“映える”フォトジェニックな場所が多いこと。2018年5月31日にデルタ航空が撤退して以来、直行便がなかった成田~サイパン線の種を育てていきたいと思います」と、「独自性」と「身近」が、成田~サイパン線を選んだ理由と話します。

 またスカイマークが、国際線、国内線ともに「独自性」を打出す理由について市江正彦社長は「スカイマークは1996(平成8)年に、日本の航空業界に価格破壊を起こす会社として誕生しました。その『革新』のDNAを受け継がなければいけないと思っています」といいます。

【表】特別運賃「サイパンスペシャル」も!

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント