南海フェリー新造船「フェリーあい」12月15日就航 女性専用じゅうたん席を新設

就航記念品のプレゼントも。

Large 191121 nankai 01
南海フェリーの新造船「フェリーあい」(画像:南海フェリー)。

 和歌山~徳島航路を運航する南海フェリーは2019年11月20日(水)、新造船「フェリーあい」が12月15日(日)に就航すると発表しました。

 船の大きさの目安となる総トン数は2825トン。船体には徳島のカラーとして藍色の帯をまとい、側面にハートマークにアルファベットの「I」があしらわれます。

 船内には、女性専用のじゅうたん席を新設するほか、窓に向いた眺望のよいグリーン席も設けています。また訪日客への対応として、各種案内表記や放送などを多言語化、Wi-Fi環境を完備しているといいます。

 就航開始を記念し、12月15日(日)の和歌山港10時35分発の下り5便、徳島港13時25分発の上り6便に乗船する各便先着100名に、記念品がプレゼントされます。なお、「フェリーあい」の就航にともない、22年間にわたり就航した「フェリーつるぎ」は、同日に徳島港を8時00分に出航する上り4便をもって引退するそうです。

 南海フェリーは新造船について「インスタ映えする外観や徳島・四国をイメージした内装など工夫を凝らして楽しい空間と船旅の提供に努めてまいります」としています。

【了】

【画像】船内の様子 女性専用じゅうたん席も

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191121 nankai 02
  • Thumbnail 191121 nankai 03
  • Thumbnail 191121 nankai 01

最新記事

コメント