リニア中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」起工 品川へ10分 相模原市JR・京王橋本駅付近

JR東海が建設を進めている、超電導リニアモーターカーを使った中央新幹線。その神奈川県駅(仮称)について、工事が始まりました。起点である東京の品川駅から同駅までは、ずっと地下トンネルの首都圏第一隧道を行きます。

神奈川県、2027年の開業を信じ

 JR東海が2027年の開業を目指し、まず東京(品川)~名古屋間で建設を進めているリニア中央新幹線。その神奈川県駅(仮称)の起工式が2019年11月22日(金)、実施されました。

 中央新幹線の神奈川県駅(仮称)ができるのは、JR横浜線と相模線、京王相模原線が発着する橋本駅付近(相模原市緑区)。県立相原高校の跡地で、工期は2027年3月31日まで、工事の請負業者は奥村組、東急建設、京王建設です。

Large 191122 kanagawa 01

拡大画像

県立相原高校の跡地で実施された、リニア中央新幹線の神奈川県駅(仮称)安全祈願・起工式であいさつをするJR東海の金子 慎社長(2019年11月22日、恵 知仁撮影)。

「中央新幹線の品川~名古屋間に4つある中間駅のうち、最初の起工式です。超電導リニアによる中央新幹線の建設は、日本の大動脈である東海道新幹線を二重化し災害リスクに備えること、同時に日本の経済を活性化するねらいがあります。かつて東海道新幹線が1964(昭和39)年に開業したとき、日本の経済に大きなインパクトがありました。それに匹敵する期待がリニアにはあります。これにお応えできるよう、また災害リスク管理の面からも、なるべく早期に開業するのがつとめだと思っております。そしてこうした中間駅は、地域の発展に寄与できると考えております」(JR東海 金子 慎社長)

 また神奈川県の黒岩祐治知事は、2019年10月の台風で神奈川県も大きな被害を受けたことを挙げ、国土の強靱化を実現するリニア中央新幹線が2027年に開業することを信じ、県としても取り組みを進めていきたいと祝辞を述べました。

 中央新幹線で使われる超電導リニアモーターカーは、地下に設けられる品川駅から約37kmの第一首都圏トンネルを通り、そのまま地下の神奈川県駅(仮称)へ到着。同駅発車後は、すぐ約3.6kmの第二首都圏トンネルに入ります。このため、品川駅を発車したリニアが最初に地上へ出るのは、この第二首都圏トンネルを出た直後の相模川橋梁(延長263m)。品川駅からおよそ42kmの地点になります。

【地図】リニア中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」の場所と走行ルート

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191122 kanagawa 11
  • Thumbnail img 5904
  • Thumbnail img 5910
  • Thumbnail img 5916
  • Thumbnail img 5931
  • Thumbnail img 5949
  • Thumbnail img 5955
  • Thumbnail img 5977
  • Thumbnail img 5983
  • Thumbnail 191122 kanagawa 01
  • Thumbnail 191122 kanagawa 02

最新記事

コメント