近鉄の「鮮魚列車」3月終了 後継はラッピング車両「伊勢志摩お魚図鑑」一般列車に連結

列車からラッピング車両に変わります。

Large 200218 kntsengyo 01
近鉄の鮮魚列車(画像:photolibrary)。

 近鉄は2020年2月18日(火)、伊勢志摩の魚介類を車体に描いたラッピング車両「伊勢志摩お魚図鑑」を導入し、3月16日(月)から鮮魚運搬に使用すると発表しました。

 2両編成の通勤型車両のうち1両の車体全体に、伊勢エビをはじめ、タイやフグ、イワシ、マンボウなど43種類の魚介類をリアルに描き、あわせてそれぞれの名前も記します。

 この「伊勢志摩お魚図鑑」は一般列車の最後部に連結され、平日朝、松阪駅(三重県松阪市)を6時44分に出発し、大阪上本町駅(大阪市天王寺区)に8時46分に到着します。急行(名張から快速急行)として運転されますが、この車両は鮮魚運搬専用のため一般客は利用できません。

 なお、現在、平日と土曜に宇治山田発大阪上本町行き、大阪上本町発松阪行きで運転されている行商人向けの鮮魚専用列車は、「伊勢志摩お魚図鑑」の導入に伴い、3月13日(金)をもって運転が終了します。

 3月22日(日)には、青山町車庫(三重県伊賀市)で、新旧鮮魚車両の撮影会ツアーが実施される予定です。

【了】

【画像】鮮魚車両「伊勢志摩お魚図鑑」のイメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント