南海「ラピート」利用者数が過去最高 かつての2倍以上に 「利用低迷」過去の話?

南海電鉄の関空アクセス特急「ラピート」の利用者数が2016年度に過去最高の344万9000人を記録しました。利用が低迷した時期もありましたが、2010年度以降は一貫して乗車人員が増加。これにはどのような背景があるのでしょうか。

6年間でほぼ倍増

 大阪の難波駅と関西空港駅を結ぶ南海電鉄の特急「ラピート」が、利用者を増やしています。2015年度から2016年度への1年間で乗車人員は22%増加。収入も13%アップしています。

170802 nankairapitzo 01
1994年、関西空港の開港とともに運行を開始した南海電鉄の特急「ラピート」(1995年4月、恵 知仁撮影)。

 特急「ラピート」は1994(平成6)年、関西空港の開港とともにデビューしました。車両は専用の50000系電車を使用。難波~関西空港間ノンストップ(当時)の「ラピートα」と、途中の主要駅にも停車する「ラピートβ」の2種類が設定されました。

 運行開始当初は先頭車両の“鉄仮面”のような形状などが話題になりましたが、しばらくして利用は低迷。「ラピートα」の停車駅を増やす、特定の区間が特急料金100円で乗れるようにするなど、利用者を増やす試みが続けられた時期もありました。

 しかしここ近年、利用者数が増加傾向にあります。2010年度は179万7000人でしたが、以降増加に転じ2012年度は200万人台に。2016年度は過去最高の344万9000人を記録しました。現在まででもっとも少ない2003(平成15)年度の165万人と比較すると、2倍以上に増加しています。

「ラピート」の利用者が増加していることにはどのような背景があるのでしょうか。南海電鉄の広報担当に聞きました。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170802 nankairapitzo 03
  • Thumbnail 170802 nankairapitzo 01
  • Thumbnail 170802 nankairapitzo 02

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. グラフを見る限り、追い上げるというより全体的に底上げされてるんじゃないかな。早い話がパンク状態。

  2. 自分はあちらに行くときは大概京都なのではるかファンですが、
    はるかとの乗客数比較もあれば面白いと思いました。

  3. 利用区間によるだろうけど、
    JRの信頼度低下とリムジンバスのボッタクリ価格が効いてる節もあるかな?と。

    リムジンバスは距離にしては割高感が。
    数社乗継の手間との比較でも…の場合も。
    一方のJRは年中グダグダ感が。
    そこに内規の関係で、
    旅客より社優先。
    駅の数十メートル手前で待ってください言い続けて一時間以上。(私鉄なら降ろす)
    ダイヤ乱れて特急なのに先行する普通列車優先。(下手に抜くとめんどくさいらしい)
    そしてどんどん遅れる特急…

  4. 関空急行の混雑、というよりは手荷物持ち込みによるスペース占有に嫌気したのかもね。
    自分なら絶対ラピートを使う。しかもスーパーシートを。
    JRのグリーン車と違って差額が何千円になるわけでもなし、あの程度の追加料金で快適性が段違いになるので、迷わず使う。企画切符も充実してるし。
    申し訳ないが関空急行には目もくれない。

    数こそ違えJRと南海が2009年以降、旅客数変動でほぼ同じ動きをしているのが興味深い。
    リムジンバスが鉄道を凌駕しているイメージがあったのたが、意外に鉄道優位なんだな。
    京都(これは「はるか」もだけど)や西宮、奈良あたりにダイレクトに向かえることが出来るだけに、もう少しお客がいてもよさそうなもんだが・・・。

  5. 日々南海本線を利用して感じること。
    空港へ向かう不良外国人を何とかしていただきたい。
    スーツケース等の多すぎる手荷物で車内占有は当然、大声で話したり地べたに座ったり車内飲食も日常茶飯事。
    なぜ南海の社員はあんな連中が好き勝手しているのを黙って放置しているのか、本当に理解ができない。

    日本に外国人観光客は不要です、明日にでも関空橋が崩壊してしまえばいいのに。