路線バス 人気の席はどこか? 「運転席横」「最後部」…その理由を聞いた

路線バスに乗るときに座る席について、アンケートを実施。人気トップは「進行方向左最前部の席(前に乗降用ドア)」で、約3割の人が選びました。このほかドア付近も人気の傾向です。それぞれの理由も寄せられました。

路線バス 一番人気の席は「左最前」 理由は?

「乗りものニュース」では2020年3月7日(土)から9日(月)にかけて、路線バス車両の座席選びに関するアンケートを実施。1150人から回答が集まりました。

Large 200307 qrosenbusseat 01
路線バスの車両(2018年4月、中島洋平撮影)。

「路線バスで座席がすべて空席の場合、あなたはどこに座りますか?」の質問では、次のような結果になりました。

・運転席の後ろ:9.3%
・進行方向左最前部の席(前に乗降用ドア):34.3%
・進行方向右中央の低い位置にある席:8.7%
・進行方向左中央の低い位置にある優先席:1.5%
・進行方向右後方にある少し高い席の最前部:8.2%
・進行方向左後方にある少し高い席の最前部(前に乗降用ドア):9.4%
・進行方向右後方にある少し高い席(最前・最後部以外):3.7%
・進行方向左後方にある少し高い席(最前・最後部以外):3.3%
・最後部席の進行方向右:6.5%
・最後部席の中央:1.0%
・最後部席の進行方向左:8.3%
・どこでもよい:3.4%

 選ぶ人が最も多かった「進行方向左最前部の席(前に乗降用ドア)」(34.3%)の理由は、「眺めがいいから」(35~39歳、男性ほか多数)、「道路状況が把握できるので」(45~49歳、男性)、「運転操作を見たいから」(50~54歳、男性)、「すぐ降りられるから」(35~39歳、男性)、「酔いそうな時、前の風景を見て落ち着くため」(25~29歳、男性)などです。

【図】路線バス 人気の座席が判明

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント