JR九州 定期特急も運休へ 「ハウステンボス」「ソニック」など計670本 新型コロナ影響

運転区間短縮や減車の対象も拡大します。

Large 200316 jrqtokkyu 01
特急「ソニック」に使われている883系電車(2012年2月、恵 知仁撮影)。

 JR九州は2020年3月16日(月)、新型コロナウイルス感染拡大による利用減少やイベントの中止・延期などの状況を踏まえ、一部の定期特急列車も運休すると発表しました。

 同社は13日(金)、九州新幹線「さくら」や在来線特急「かもめ」「ハウステンボス」「にちりん」の一部臨時列車計190本を運休すると発表しましたが、今回さらに在来線特急の臨時列車と定期列車合わせて480本が加わり、計670本の新幹線・特急列車を運休します。期間は3月20日(金)から4月5日(日)までです。

 特急「ハウステンボス」は臨時列車に加え、毎日運転の定期列車も運休します。博多駅からハウステンボス駅に向かう際は、佐世保行きの特急「みどり」に乗り、早岐駅で大村線の普通列車に乗り換えが必要です。

 特急「ソニック」は、25、29、33、37、26、30、34、38号(博多~大分)が運休。特急「にちりん」は、臨時の83、82号(小倉~大分)に加え、定期の9、13、19、8、14号(大分~宮崎空港)も運休します。

【一覧】期間中に運休する列車とその本数

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ●タイトル
    きりしま」→「カッコヌケ

    ●本文
    特急「きりしま」の22号(博多~小倉)→特急「きらめき」の22号(博多~小倉)

    誤りでは?

    • ひで 様
      ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。