苦境の団体ツアーの新スタイルに? 自宅発・少人数ツアー登場 平成エンタープライズ

意外とリーズナブルかもしれません。

Large 200520 vip 01
「アルファード」などを使用し、自宅まで送迎する少人数ツアー商品が登場(画像:平成エンタープライズ)。

 高速バス「VIPライナー」や旅行商品「VIPツアー」などを展開する平成エンタープライズは2020年5月20日(水)、バスツアーの特徴と貸切ハイヤーの利点を組み合わせた、新しいスタイルのツアーの販売を開始したと発表しました。

 これは東京23区および武蔵野市、三鷹市を発着するツアーで、この範囲を東エリア、西エリア、南エリアの3つに分け、エリアごとに設けられた出発日に最大3組(最少催行人数3人)の参加者を募集し、催行が決まれば、自宅など指定の場所へ迎えに行くそうです。平成エンタープライズは、この商品を「自宅送迎プラン」「セミプライベートプラン」などとしています。

 車両はトヨタ「アルファード」や「ハイエース」などのワゴン車を使用。参加人数を抑えることで、安心して旅行できるうえ、既存のバスツアーのように発着場所まで公共交通機関を利用する必要もなく、夜のイベントや渋滞などで帰着が遅くなっても終電の心配がないといいます。価格は通常のバスツアーよりも割高にはなるものの、貸切よりもはるかにリーズナブルだそうです。

 現在は6月下旬以降に出発するツアーを募集中で、たとえば東京から尾瀬までの日帰りハイキングツアーは、旅行代金がひとりあたり1万3400円から1万4400円と設定されています。商品は順次増やしていくといいます。

 ちなみに、平成エンタープライズによると、大型バスを利用した従来のバスツアーは、新型コロナウイルスの影響により業界全体でほぼ休止状態とのこと。同社も東京や大阪など外出自粛要請地域を発着するものは販売を自粛しているほか、それ以外の地域のバスツアーは、いくつか申し込みはあっても、最少催行人数に届かないケースがほとんどだそうです。

【了】

【地図】エリアごとに設定されるツアー出発日

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント