薬を受け取るまでの時間水族館に行ける薬局 5月25日都内にオープン ANAグループ協力店

具合悪い時の待ち時間のイライラ、少し軽減されるかもしれません。

5月25日から曜日、時間限定で

 全国に薬局などの店舗を展開するクオール(東京都港区)とANA(全日空)グループのavatarinが2020年5月20日(水)、avatarinが独自開発した普及型コミュニケーションアバターロボット「newme(ニューミー)」を導入した薬局を、東京都目黒区の恵比寿にオープンすると発表しました。

Large 200520 abt 01
avatarin「newme」が導入されたクオール薬局恵比寿店のイメージ(画像:ANA)。

 このサービスは、5月25日(月)にオープンするクオール薬局恵比寿店で、オープン日、ならびに6月の毎週金曜に午前11時から11時30分までの時間限定で導入します。

 サービス内容は、薬局の端末から新屋島水族館(香川県高松市)の施設内にある「newme」を操作し散策。その様子を利用者がリアルタイムで体験することで、薬を受け取るまでの待ち時間に心の癒しを提供するとしています。薬局でこのような取り組みがされるのは、今回が初とのことです。

 avatarinは、2020年4月に創立したANAホールディングス発の初めてのスタートアップ企業で、VR(仮想現実)やAI(人口知能)などの先端技術を用いて、操作者がロボットを通じてさまざまな疑似体験ができる「アバターロボット」の社会インフラ化を目指しています。

 今後クオールとavatarinは、「newme」を活用した患者とのコミュニケーションの充実化を図るほか、自宅にいながら対面しているかのように薬局で健康相談、健康食品などの物販の購入などの取り組みを実施する予定です。

【了】

【画像】遠隔体験ができる「新屋島水族館」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント