空自「ブルーインパルス」 東京の空を編隊飛行 新型コロナ対応に敬意と感謝

ビルの屋上で見物する人、多くいました!

東京上空を2回 スモークを描きながら

 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が2020年5月29日(金)の12時40分すぎ、編隊を組み東京都心上空を航過飛行しました。

Large 200529 bi01 01r

拡大画像

東京スカイツリー付近を航過飛行する「ブルーインパルス」(2020年5月29日、恵 知仁撮影)。

 新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者らへ敬意と感謝を届ける目的で行われたもので、東京都心を中心に葛飾区、川崎市中原区付近方面まで2回、大きくその空へ白いスモークを描いています。

【了】

【地図】東京都心上空を8の字 「ブルーインパルス」飛行ルート

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 都心部だけだったんだ。
    自粛努力しても、生で観れなきゃ意味無いです。
    残念です‼️

  2. カッコいいけど、なんで今なの?
    空軍の総司令官に各病院の玄関先まで医療上の消耗品を届けさせるほうが、よっぽど感謝と激励になったろうに。