【6月】夜行特急「ドリームにちりん」と小野田線本山支線

それは梅雨の夜でした。南宮崎駅から夜行特急「ドリームにちりん」に乗車したところ、延岡駅発車後に状況が変わります。小野田線本山支線のことは、途中で考えるのをやめました。次の発車は16時台です。

「6月の鉄道」というと…? 2007年のあの夜

 アジサイの花言葉は「移り気」「浮気」「無常」だそうです(日比谷花壇ウェブサイトによる)。

 花の色が時期で変わることが由来といいますが、アジサイの花言葉は色別でも存在するそうで、青の花は「辛抱強い愛情」、ピンクの花は「元気な女性」、白の花は「寛容」とのこと。ロマンチックになってきました。

「6月の鉄道」といえば、アジサイと見事にコラボする写真が思い浮かびます。梅雨で濡れた姿も絵になりますね。有名な箱根登山鉄道ではライトアップもされます。ロマンチックです(箱根登山鉄道は台風被災で運休中。2020年7月下旬に再開予定)。

 ただ、私が忘れられない「6月の鉄道」といえば、2007(平成19)年です。やはり、ロマンチックではありましたが――。

南宮崎発23時43分 夜行特急「ドリームにちりん」博多行きの変

Large 200603 nichirin 01

拡大画像

2007年の宮崎県は、東国原英夫知事が話題になっていた(2007年6月19日、恵 知仁撮影)。

 2007年6月19日(火)の23時30分すぎ、日本の鉄道を乗りつぶしていた私(恵 知仁:鉄道ライター)は、指宿枕崎線と鹿児島市電、宮崎空港線に完乗したのち、日豊本線の南宮崎駅にいました。博多行きの夜行特急「ドリームにちりん」へ乗車するためです。

 定刻23時43分、783系電車による夜行特急「ドリームにちりん」は南宮崎駅を発車。そして、宮崎市内通勤組がきっとみな無事に下車したに違いない延岡駅を0時49分に発車してから、状況が変わります。

「大雨のため、速度を落として運転いたします」

 生半可な目覚まし時計より強烈な車内放送でした。眠気が一気に覚めます。翌朝、ある“なかなかに特殊な路線”の乗りつぶしを考えていたからです。

※「ドリームにちりん」の時刻は、実際と若干のズレがある可能性があります(当時の時刻表が手元に無く……)。

朝の次は、夕方まで列車がない…

 夜行特急「ドリームにちりん」を小倉で降りたのち、私は乗りつぶしを続ける予定だったのですが、その対象路線が、よりによって小野田線の本山支線だったのです。

 この、山口県内を走る本山支線、「逃したら次に乗ればいいや」という路線ではありません。朝7時台に2往復走ったのち、次の列車は16時台までありません。

Large 200603 nichirin 02

拡大画像

夜行特急「ドリームにちりん」として走る783系電車(2007年6月20日、恵 知仁撮影)。

 この朝の列車を、夜行特急「ドリームにちりん」から捕まえる乗り継ぎ計画をたてていたのですが、夜行特急は闇の中を徐行中。多少の遅れなら……場合によっては「新幹線ワープ」を使えば……と考えを巡らせますが、列車は歩みを止めてしまいました。

「倒木のため、北川~津久見間で停電が発生しております」

 窓外に何も見えないような場所で、夜行特急「ドリームにちりん」は約2時間30分の停車。そして動き出したものの――。

「この列車は博多行きですが、大幅な遅れのため、本日は大分で運転を取りやめます。小倉、博多方面へは、大分始発の特急「ソニック」へお乗り換えください」

残り855文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」