異例の「旅客機での貨物専用便」デビューのLCC「ZIPAIR」 成田~ソウル線も開設へ

上位クラスはフルフラットな新機軸LCC、乗れるのはいつの日か…。

 JAL(日本航空)グループのLCC(格安航空会社)、ZIPAIR Tokyo(以下、ジップエア)は成田~ソウル線で2020年9月12日(土)より、旅客機を使用した貨物専用便の運航開始すると決定しました。

Large 200907 zp 01
ジップエアのボーイング787型機(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 当初の計画でジップエアはともに旅客便で、2020年5月にデビュー路線となる成田~バンコク線、ついで7月に成田~ソウル線を運航開始する予定でした。ところが新型コロナウイルスの感染拡大で国際線需要が大きく停滞したことで、計画を見直し。6月に成田~バンコク線を、同社が保有する旅客用のボーイング787型機を使った「貨物専用便」という形でスタートさせました。

 今回就航する成田~ソウル線は火、水、木、土、日の週5往復。また、成田~バンコク線と同様、JALとのコードシェア(共同運航)提携を実施するといいます。

 ジップエアは「貨物専用便として就航し、両国間の航空貨物輸送に貢献してまいります。旅客便については、関係当局からの認可を取得し次第就航予定です」としています。

【了】

「ジップエア」のLCCらしからぬ上位クラス

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント